最近話題の作品から有名な名作までおすすめの青年漫画についてまとめ

青年誌に掲載されている作品限定で、おすすめの漫画を6作品ご紹介します。何度も映像かされている人気作品から、アニメ化も決定した作品やこれからブレイクしそうな話題の漫画などいろいろあります。どれも面白いおすすめ青年漫画なのでぜひ読んでみてください。

おすすめ青年漫画6選

長年愛されている作品から、文学としても評価されている名作、話題の作品などおすすめの青年漫画6作品をご紹介します。

どれもジャンルは異なりますが、面白い漫画ばかりです。

おすすめ青年漫画1「 医龍」

おすすめの青年漫画1作目は医龍です。

天才外科医の朝田龍太郎が大学病院で嵐を巻き起こす物語。

ドラマも4回放送されている人気作品です。

朝田は主人公ではありますが、狂言回しの役割が強く一般的な意味での主人公とは言えません。

話が進むといろいろな登場人物の視点で物語が進んでいく群像劇的な内容になっていきますが、序盤は研修医伊集院の時点で進んでいきますし、終盤の展開を考えても伊集院は影の主人公と言える存在です。

朝田は患者を助けるためなら、どんな無茶なことでも行います。

事なかれの主義の伊集院は朝田に振り回されっぱなしで、朝田のことを嫌っています。

しかし、朝田と一緒に関わることで確実に成長していきます。

一流の医師が集まったチームドラゴンのメンバーにも技術を認められるようになっていきます。

渋滞で血液が運送できず悪天候でヘリも飛ばせない中、伊集院は高速を原付で運ぶという行動に出ます。

まるで、朝田を思わせる行動です。

しかし、ここまでするようになっても伊集院は朝田のことを嫌っています。

患者を助けるためなら、無茶な行動を取るようになっても伊集院が朝田嫌っていることは変わりません。

ドラマですぐに朝田に憧れるようになってしまう、伊集院とは全く違います。

それだけに最後、病院を去る朝田を伊集院が引き止めるシーンは感動的です。

「ほんの一時でも、生死の境を分かち合った人を、嫌いでいられるわけがない。」という伊集院のセリフにグッと来ます

ドラマを見たことのない人にもぜひ読んでもらいたいお勧めの青年漫画です。

おすすめ青年漫画2「ゴールデンカムイ」

ゴールデンカムイは2015年にコミックナタリー大賞・第2位、このマンガがすごい!2016、マンガ大賞2016大賞受賞など高い許可を受けています。

2018年の4月にアニメ化が決定したいま最も注目されて青年漫画の1つと言えるおすすめの作品です。

主人公の杉元佐一が戦死した親友の妻の目の病を治すために、一攫千金を夢見て北海道での冒険を描く物語です。

明治時代末期の北海道が舞台ということで、ヒグマが頻繁に登場したり凶悪な脱獄囚との戦いなど迫力のアクションシーンも見所の1つですが、様々な魅力に溢れた漫画になっています。

アイヌ文化の解説が詳細に語られるのも魅力の1つですが、食事シーンの料理がとても美味しそうに描かれていてグルメ漫画としても評価されています。

ファンにアニメ化が心配されるようなギリギリのネタも話題になっています。

今後の展開も注目されるお勧めの青年漫画です。

おすすめ青年漫画3かぐや様は告らせたい

ぜひ読んでもらいたいおすすめ青年漫画3冊目は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 」です。

1巻の表紙がかなり怖そうな感じですが実際は恋愛漫画になっています。

名門校秀知院学園の会長白銀御行と副会長の四宮かぐやは両想いですが、プライドが高く自分から告白したら負けだと考えているため、いかに相手に告白させるかばかり考えてしまいます。

タイトルの中に「天才たちの恋愛頭脳戦」とあるように、相手に告白させるために高度な駆け引きが行われます。

このくだらなさが魅力のラブコメになっています。

腹黒いのにちょっとしたことで可愛らしくなるかぐやのギャップもたまりません。

かぐやと御幸の2人が主人公で生徒会書記の藤原千花がヒロインになっている設定の理由も気になります。

話が始まったばかりの頃からアニメ化を期待する声が聞かれる注目のおすすめ青年漫画です。

おすすめ青年漫画4「邪眼は月輪に飛ぶ」

邪眼は月輪に飛ぶは全1巻と短いですが、非常に面白いおすすめの青年漫画です。

作者はうしおととらで有名な藤田和日郎さんですが、青年誌で連載されたので意外と知られていないのではないでしょうか?

見たもの全てを死なせる力を持ったフクロウを倒すために老マタギ杣口鵜平が立ち上がります。

最初から最後まで息もつかせぬ展開になっていて、短い作品の中に面白さが詰め込まれていると言えます。

ホラーともバトル物とも言える漫画ですが、家族がテーマになっていると思います。

藤田和日郎さんの作品が好きならぜひ読んで欲しいお勧めの青年漫画です。

おすすめ青年漫画5「めぞん一刻」

おすすめ青年漫画の5作目は高橋留美子さんのめぞん一刻です。

高橋留美子さんというと「うる星やつら」、「らんま1/2」、「犬夜叉」「境界のRINNE」など少年誌のイメージが強いですがめぞん一刻以外に「1ポンドの福音」のように恋愛漫画を連載されています。

アパート「一刻館」に住む主人公の五代裕作と管理人の音無響子を中心としたラブコメさんです。

本筋はあくまでラブストーリーになっていますが、一刻館の住人が個性的で非常識な人物が多いせいで、かなりコミカルな内容になっています。

昭和を代表するラブストーリーとも言われるように、1987年に完結した漫画ですが2007年に実写化されるなど根強い人気を誇るおすすめ青年漫画と言えます、

おすすめ青年漫画6寄生獣

おすすめの青年漫画といったらやはり寄生獣でしょう。

この漫画は読んだ人によって感想がかなり異なると思うのですが、それだけ幅のあるストーリーになっていると言う事でしょう。

突如人間に寄生して、人間を捕食する謎の寄生生物パラサイトが出現します。

最初、人間社会への警鐘のために始まった漫画らしいのですが、途中から方向性が変わってきます。

人間にとっての天敵とも思えるパラサイトがですが、実は人間にとってはそこまでの脅威では無いのです。

人間の社会に溶け込んで、人間として生活していくことができるパラサイトは確かに脅威なのですが、後半の展開で自衛隊にどんどん駆除されていくようにまともに戦ったら、パラサイトは人間には勝てないのです。

主人公の右手に寄生したパラサイトのミギーから「悪魔に一番近い生き物は人間だと思う」など色々な意見が語られますが、最終的に「人間は心にヒマがある生き物」「心にヒマがある生物なんとすばらしい」と肯定的な意見で締められているところに人間の恐ろしいところや醜いところを認めた上で、人間を肯定しているところにこの漫画の素晴らしさがあります。

何度、読み返しても新しい発見のあるおすすめの青年漫画と言えます。

おすすめ青年漫画6選まとめ

最近話題の作品から長年愛されている作品までのおすすめの青年漫画をご紹介しました。

面白い漫画ばかりなので、知らない作品があったらぜひ読んでみて下さい。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ