50代とは思えない!トム・クルーズのすごすぎるスタント集めました!

今年56歳となるトム・クルーズ。昨年、映画撮影中にスタントマンなしで撮影を行い、怪我を負ったというニュースが入り心配になった方も多いはず。そんなプロフェッショナルでストイックなトム・クルーズの危険すぎるスタントを行った映画を集めました。

トム・クルーズのプロフィール

本名:homas Cruise Mapother IV (トーマス・クルーズ・メイポーサー4世)

生年月日 :1962/07/03

出身地 :アメリカ/ニューヨーク州シラキュース

国籍:アメリカ合衆国

身長 :170㎝

トム・クルーズが映画撮影中に怪我をしたというのもまだ記憶に新しい去年の話。映画「ミッション:インポッシブル」第6弾を撮影中にスタントマンなしで挑んでいた建物の屋上から屋上へ飛び移るスタントで距離が足りずに壁に激突してしまい、足首の骨を2本折る大けがを負いました。回復には数か月かかるため、映画の撮影を中止すると思われていましたが、わずか2週間あまりで撮影を再開。
こちらの「ミッション:インポッシブル」第6弾は今年の7月27日に全米公開予定となっています。
今年56歳となるトム・クルーズですが、まだまだ勢いは衰えることを知りませんね!
そんなかなりストイックなトム・クルーズのスタントマンなしで挑んだ映画のシーンを紹介していきます。

トム・クルーズが自ら提案した無重力スタント!「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」(2017)

あらすじ

中東で、古代エジプトの文字が刻まれた石棺が発見される。その発掘に居合わせたアメリカ軍関係者のニック(トム・クルーズ)は、考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)らと共に調査のために石棺をイギリスに運ぶ飛行機に乗り込む。だが、フライト中に思いも寄らぬアクシデントが起きて、ニックをはじめとする軍関係者を乗せたまま輸送機はロンドン郊外に墜落し、石棺の所在もわからなくなってしまう。

出典:https://movies.yahoo.co.jp

トム・クルーズ本人が提案したという無重力スタント。かなり過酷な撮影となり、落下していく飛行機の中で二日間、なんと64テイクも撮り続けたそう!多くのスタッフか無重力のため、吐き気を催し嘔吐したりと体調不良になってしまったようです。そんな中トム・クルーズとアナベル・ウォーリスはスタントをやり切ったそうです!かなり身体的にも精神的にも大変そうですが、本当にすばらしい役者魂ですね!

トム・クルーズが自ら飛行機にぶら下がる?!危険すぎるスタント「ミッションインポッシブル/ローグ・ネイション」(2015)

あらすじ

正体不明の多国籍スパイ集団“シンジケート”をひそかに追っていたIMFエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ロンドンで敵の手中に落ちてしまう。拘束された彼が意識を取り戻すと、目の前に見知らぬ女性と、3年前に亡くなったはずのエージェントがいた。拷問が開始されようとしたとき、その女性は思わぬ行動に出る。

出典:https://movies.yahoo.co.jp

言わずと知れたトム・クルーズの代表作「ミッション:インポッシブル」5作目。どんどんグレードアップしているアクションシーンが見どころですよね。
時速400キロ以上加速した軍用機の翼に飛び乗り、離陸する機体のドアにしがみつくというスタントシーン。そんなの無理じゃない?と普通の人は思ってしまうことをさらりとやってしまうのがトム・クルーズのすごいところ。
なんと、納得のいくシーンを撮るために8回も繰り返し撮影したそう。
トム・クルーズが「挑戦したスタントの中で最も危険なものだった」と述べるほど危険なスタントだったみたいです。怪我しなくてよかった・・・
動画の中でもかなりの緊張感が伝わってきますね。

トム・クルーズとキャメロン・ディアス共演「ナイト&デイ」(2010)

あらすじ

ジューン(キャメロン・ディアス)はある日、えたいの知れない男(トム・クルーズ)と思いがけない出会いを果たすが、その男はジューンが夢に見た理想の男性どころか、重要任務を負ったスパイだった。予想外の裏切りや暗殺者による執拗(しつよう)な攻撃が日増しに強くなる中、ジューンは男に対して疑念を抱き始める。

出典:https://movies.yahoo.co.jp

トム・クルーズとキャメロン・ディアスの豪華共演が話題を呼んだ作品。
バイクや車の交通量の多い中を走行する車のボンネットにバイクから飛び移るシーンはトム・クルーズ本人のスタント。
スペイン・セビリアで闘牛の中をバイクで走り抜けるバイクスタントでは、キャメロンを後ろに乗せての運転にトム・クルーズは「絶対に転んじゃいけない」と、とても緊張したそうです。大女優を後ろに乗せての運転は流石のトム・クルーズでもドキドキのようですね。一方のキャメロン・ディアスは「トム以外の後ろには乗りたくなかった」と述べて、トム・クルーズとの信頼関係を見せました。

超高層ビルの壁をよじ登る危険なスタント「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(2011)

あらすじ

ロシア・クレムリン爆破事件の犯行容疑がかけられたイーサン・ハント(トム・クルーズ)。アメリカ大統領は政府の関与への疑いを避けるべく、ゴースト・プロトコルを発令。イーサンと仲間は組織から登録を消されるも、新たなミッションを言い渡される。真犯人への接近を図るイーサンは、世界一の高層ビル、ブルジュ・ハリファの高層階へ外部からの侵入にチャレンジするが……。

出典:https://movies.yahoo.co.jp

世界で最も高いビル、ブルジェハリファの壁をスタントマンなしで登りました。高所恐怖症だったら失神しそうですよね…超高層ビルの側面を走ったり、部屋から飛び降りたりとかなりハラハラするシーン。
凄すぎて、CGなんじゃないの?と疑惑が出たそうですが、正真正銘トム・クルーズ本人が挑みましたよ!
こんな高いところにぶら下がってるのにこの余裕の笑顔。さすがトム・クルーズ!

まとめ

いかがでしたか?危険なスタントにも果敢に挑むトム・クルーズの俳優魂を感じますね。いつまでも衰えないトム・クルーズの身体能力にも本当に驚きです。プロとしていつも最高のスタントをやってのけるトム・クルーズですが、昨年の怪我の事もあり、あまり無理はしてほしくないですね…
今年の夏に公開予定の「ミッションインポッシブル6」のトム・クルーズが命がけで挑んだスタントシーンもかなり気になりますね!
ぜひ今回紹介した4作品をチェックしつつ、公開を待ちましょう!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ