ドラえもん「ガンファイターのびた」と声優三森すずこさんについて

ドラえもんの「ガンファイターのびた」のゲストヒロインの声優が三森すずこさんになったことがネットでニュースになりました。ここまで話題になることに三森すずこさんの影響力がうかがえます。ドラえもんで過去に放送された「ガンファイターのびた」についてもまとめてみました。

ドラえもんのゲスト声優三森すずこさんと「ガンファイターのびた」について

ドラえもんの人気エピソード「ガンファイターのび太」が、20年以上経ってリメイクされました。

また、人気声優の三森すずこさんがゲストヒロインの声優をすることも、ネットで話題になりました。

「ガンファイターのび太」がリメイク前のアニメや原作等の違いはどうなっているのでしょうか?

三森すずこさんの演じたキャラクター等についてもご紹介します。

三森すずこさんについて

三森すずこさんは1986年生まれで、以前は本名の「黒川鈴子」名義で舞台はミュージカルを中心に活動されていました。

ブシロード社長の木谷高明さんに誘われて、現在所属している事務所響に移籍し声優として活動するようになりました。

声優として活動するようになってからは、舞台などの出演はしなくなっていました。

しかし、アニメでコーリン役を演じていた「カードファイト!! ヴァンガード」の舞台に、コーリン役で三森すずこさん本人が出演しています。

三森すずこさんはは2018年1月13日にプロレスラーのオカダ・カズチカさんとの交際も報じられました。

三森すずこさんはいま最も注目されている声優の一人と言われています。

三森すずこさんが演じたドラえもんのゲストヒロインについて

三森すずこさんは2018年1月12日放送のドラえもん「ガンファイターのび太」でゲストヒロインのエリザベスの声優をしています。

「ガンファイターのび太「は旧声優陣のドラえもんでもアニメ化されている人気エピソードです。

その時のゲストヒロインは今回の放送と役割はほとんど同じですが、名前はシャロッテになっています。

三森すずこさん演じるエリザベスはシャロッテに比べるとかなり見せ場が増え、存在感を見せています。

ドラえもんに出演するのが初めての三森すずこさんは、「子供の頃から大好きな作品でした。」とコメントされ、欲しい秘密道具は暗記パンなどドラえもんへの想いを語っています。

三森すずこさんがゲスト出演したドラえもんのエピソードについて

三森涼子さんがゲスト出演したドラえもんのエピソードガンファイターのび太は原作のドラえもんにもあるエピソードで、リメイク前のドラえもんでも一度作られています。

リメイク後のドラえもんでも、宇宙ガンファイターのび太としてアレンジされたエピソードが作られましたが、原作に忠実にリメイクされたのは今回の放送が初めてです。

射撃ゲームでパーフェクトを達成し、射撃の天才的な才能を発揮するのび太。

自分が西部劇の時代に生まれていたら、歴史に名前を残すような活躍ができたと言うのび太ですが、ドラえもんには馬鹿にされてしまいます。

のび太はドラえもんに内緒で西部劇の時代にタイムスリップし、本当に活躍してしまうというストーリーになっています。

基本的な話の流れは原作のドラえもんやリメイク前のアニメとほとんど変わらないのですが、リメイク前のガンファイターのび太とは違って、のび太が人に当てないとは言え本物の銃を打つなど細かな点がアレンジされています。

三森すずこさん演じるゲストヒロインも、結構見せ場が用意されています。

危険になると逃げてしまうくせに安全な時だけ威勢が良くなる調子の良い街の人たちに対して、のび太が思いをぶつけるシーンも良い改変だったのではないでしょうか?

今回のガンファイターのび太は30分とは思えない見ごたえのある内容になっていたと思います。

原作ドラえもんの「ガンファイターのび太」について

ガンファイターのび太は1980年の小学5年生4月号に漫画が掲載され、てんとう虫コミックスの24巻にも収録されています。

驚きなのは原作ではのび太はならず者と戦おうとする町長の銃を奪い取り、普通に敵を倒してしまうことです。

その後も、街に攻めてきたならず者相手に発砲し何人も倒しています。

のび太に撃たれたならず者が包帯を巻いているシーンがあるので、恐らく誰も死んではいないと思うのですが、のび太があまり迷わずに発砲してしまうことには驚きます。

また、漫画ではのび太を助けに来るのがドラミちゃんだけでドラえもんは西部劇の時代にはやってきません。

アニメドラえもん910話の「ガンファイターのび太」について

旧声優陣のドラえもん910話でガンファイターのび太は最初にアニメ化されました。

ゲストヒロインのシャロッテの顔が静ちゃんそっくりで、ならず者のリーダージャイゴの顔はジャイアンそっくり、スネ夫そっくりのならず者スネークも登場します。

もちろん、声優も同じです。

旧アニメではのび太は本物の銃を重くて撃つことができないので、おもちゃのピストルで戦うシーンがあります。

それでも、勝ってしまうのはどうかと思いますが、さすがに原作のようにあまり葛藤もなくのび太が銃を撃ってしまうのは、不自然に感じます。

この点リメイク版はのび太が銃を撃つ点は原作と同じですが、悩んでいる点は描かれているので、個人的には好印象です。

ジャイアンによく似たジャイゴはドラえもんからドリームガンを奪ってのび太と一騎打ちをしたりと結構活躍しています。

声優三森すずこさんの演じるキャラクター1

三森すずこさんは探偵オペラミルキーホームズの「シャーロック・シェリンフォード」を演じています。

名前の由来はもちろんシャーロック・ホームズからですが、シェリンフォードも作者のアーサー・コナン・ドイルが「シャーロック・ホームズ」の名前を考える前につけていた仮の名前です。

ゲーム版ではメインメンバーの1人で、アニメではシャーロックが主人公です。

一応シャーロックホームズの子孫らしいですが、あまり頭が良くない上に落ち着きがなく探偵としての活動は感に頼りがちです。

三森すずこさんが所属する声優ユニット「ミルキィホームズ」について

ミルキィホームズは探偵チームの名前ですが、メンバーの担当声優シャーロック・シェリンフォード役の三森すずこさん、譲崎ネロ役の徳井青空さん、エルキュールバートン役佐々木未来さん、コーデリアグラウカ役の橘田いずみさんの4人は声優ユニットミルキィホームズとしても活動しています。

声優三森すずこさん演じるキャラクター2

三森すずこさんは「ラブライブ!」でμ'sのメンバー園田海未を演じています。

ライブライブ!のキャラクター性格、設定がアニメやコミックなどでかなり変化していますが、真面目な性格で誰に対してもですます口調の丁寧語を使います。

しかし、いわゆる顔芸がμ'sのメンバーの中ではかなり多い方で、声優の三森すずこさんも結構顔芸を披露していると言われます。

μ'sは現実でも声優ユニットとして活動しているので、三森すずこさん本人もライブや紅白歌合戦に出場しています。

声優三森すずこさん演じるキャラクター3

三森すずこさんはアニメゆるゆりで古谷向日葵を演じています。

常にお嬢様口調で話し、基本的に落ち着いた性格のキャラクターです。

原作の人物紹介ではツンデレと書かれていましたが、最近では元ツンデレと書かれるなど行動が変化してきています。

声優三森すずこさん演じるキャラクター4

三森すずこさんはアニメ「結城優奈は勇者である」で東郷美森を演じています。

中学入学前の交通事故の後遺症で現在は車いす生活を送っています。

基本的に上品で穏やかな性格ですが、しつけにはかなり厳しく、部屋を散らかすなどすると相手が先輩でも4時間も説教するなどして結構恐れられています。

ドラえもんのゲスト声優三森すずこさんと「ガンファイターのびた」についてまとめ

ドラえもんの「ガンファイターのび太」や声優三森すずこさんについてご紹介しました。

今回のガンファイターのび太はかなりよくできていたと思いますし、三森すずこさんの演技も良かったと思います。

三森すずこさんのますますのご活躍を応援しましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ