2016年に大ヒットした映画「64-ロクヨン-」題材となった実話とは!?

2016年に公開された映画「64-ロクヨン-」は前編と後編にわかれ2部構成で作成された大人気映画です。原作は横山秀夫さんによる推理小説で、そちらもとても人気のある作品です。映画64にはモデルとなった実話があると言われています元となった実話を交えてご紹介します。

映画「64-ロクヨン-」とは?実話が存在する?

2016年に公開され大ヒットとなりました、映画「64-ロクヨン-」は前編と後編の2部構成作品となっています。
「64-ロクヨン-前編」は2016年5月7日公開
「64-ロクヨン-後編」は2016年6月11日公開となりました。

全国映画動員ランキングでは初登場3位を獲得し、興行収入は2億を超えました。
綾野剛さんや榮倉奈々さんなど、豪華キャストたちの出演も話題の一つとなりました。

原作となる小説は「このミステリーがすごい!」で年間1位を獲得するなどとても人気のある作品です。そして原作64の中で描かれている昭和64年に起きた未解決事件は、じっしあに起こった実話である未解決事件をモデルにされています。

映画のあらすじから実際に起こった実話の事件について掘り下げていきたいと思います

映画「64-ロクヨン-」のあらすじは?

昭和64年はなんとわずか7日間で幕を閉じてしまった、そんな64年に群馬県で小学1年生の少女が誘拐され殺害されてしまうと言う事件が起こります。
昭和から平成にかわる時期に起こってしまったこの事件は天皇崩御のニュースにまぎれて、未解決となってしまうのです。

時効が目の前に迫ったある日、元刑事の三上は広報官をしていましたが、被害者家族との慰問許可を得ます。未解決事件を再び調査しようという動きが始まるのです。

しかし、なんと時効まで1年と言うタイミングで、未解決事件を模倣した誘拐事件が再び発生してしまうのです。警察の陰謀や、記者クラブとの対峙、さまざまな思いが絡み合う、目の離せない物語です。

映画「64-ロクヨン-」のモデルとなった実話とは

映画「64-ロクヨン-」に出てくる未解決事件は実話をもとにされていると言われています。モデルとあった実話とはどんなものなのでしょうか?

原作の小説の64事件は、実際に群馬県で起こった実話である「功明ちゃん誘拐殺人事件」がモデルであると言われています。
実話の事件では1987年(昭和62年)9月14日に群馬県高崎市で起こりました。

この事件は5歳になる功明ちゃんが自宅である神社から突然姿を消してしまい、そして身代金の要求をされると言うものです。
その後16日の午後、市内の川で無残な姿で発見され功明ちゃんは帰らぬ人となってしまうのです。

この実話では未解決のまま2002年に時効を迎え、そして時効が成立してしまい戦後の身代金目的誘拐事件での唯一未解決事件となってしまいました。

映画の中でも群馬県でロケを行われていて、やはり実話をもとにして作られた物語ではないかと話題にもなりました。
2002年に時効が成立してしまったために、迷宮入りしてしまっているとても無念と言える実話ですね。

実話と映画「64-ロクヨン-」の共通するもの

映画の中で登場する64事件と実際に群馬県で起きてしまった功明ちゃん事件に共通している点をまとめました。
映画「64-ロクヨン-」が実話をもとにして作られたものであることがわかるかとおもいます。

まず原作者である横山秀夫さんはかつて群馬県の地方新聞の記者をされていたそうです。彼が新聞記者として働いていた頃に起こった事件と言うことで信憑性も高いものでしょう。

映画での事件と、実話の共通点を簡単にまとめると

・幼い子供が誘拐されそして殺害されてしまった事件
・身代金がどちらも同じ2000万円ということ
・犯人からの電話の逆探知に失敗してしまう

この3点が主にあげられています。

映画「64-ロクヨン-」と実話のまとめ

いかがでしょうか。

映画市場に残る対策として話題となりました映画「64-ロクヨン-」は原作でも映画でもとても人気のある作品です。
ミステリー映画として名高い功績を残しています。

そしてなによりモデルとされた実話も未解決事件として存在しており、モデルとなった実話があることを知ればより一層映画「64-ロクヨン-」の世界に入り込めるのではないでしょうか。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ