ミュージカル界のプリンス!山崎育三郎の出演ドラマについて

ミュージカル界のプリンス山崎育三郎さん。ミュージカル界での活躍はもちろん近年ドラマへの出演もふえてきています。今回は山崎育三郎さんが出演してきたドラマについてしらべてまとめました。主題歌を担当されたこともあるそうですよ!

山崎育三郎


日本のミュージカル俳優である山崎育三郎さん。
ミュージカル界ではプリンスという地位までのぼりつめています。

1986年1月18日うまれの東京都出身。

山崎育三郎さんは1997年全国童謡コンクールにて審査員特別賞を受賞しました。
1998年、12歳ではじめてアルゴミュージカルに主演。
以後、変声期をむかえるまで舞台、テレビなどに出演しています。

山崎育三郎の出演作品


山崎育三郎さんはこれまでに舞台をいくつもこなしてきました。

1998年「アルゴミュージカル」
2007年「レミゼラブル」
2008年「サビタ」
2009年「ラ・カージュ・オ・フォール」
2009年「パッチギ」
2010年「イカれた主婦」
2010年「ラストゲーム」
2011年「ロミオ&ジュリエット」
2012年「ミス・サイゴン」
2015年「エリザベート」
2016年「プリシラ」
2017年「レディベスロビン」

などたくさんの舞台に出演されています。

山崎育三郎出演ドラマ「あいの結婚相談所」

ミュージカル俳優として活躍する山崎育三郎さんが
2017年夏にドラマ「あいの結婚相談所」で主演をつとめました。

山崎育三郎さんにとって初めての主演ドラマです。

山崎育三郎さん主演ドラマ「あいの結婚相談所」は
入会金200万円とバカ高いが成婚率100パーセントを誇る
「あいの結婚相談所」を
舞台に山崎育三郎さん演じる主人公の元動物行動学の准教授で、
結婚相談所所長の藍野が結婚に悩む訳あり依頼者の願いを
あらゆる手段を用いて成就させる1話完結のストーリーです。


山崎育三郎さん主演のこのドラマは
ミステリー、ラブ、コメディなどいろんな要素がつまった
いままでにない歌あり、ダンスありのエンターテインメントドラマになっています。

山崎育三郎主演ドラマ主題歌も!


山崎育三郎さんは
自身が主演をつとめる「あいの結婚相談所」というドラマで
主題歌もつとめられました。

タイトルは「Congratulations」。
ドラマにぴったりのウエディングソングとなっています。

山崎育三郎出演ドラマ「お父さんと呼ばせて」


山崎育三郎さんは2016年に「お父さんと呼ばせて」というドラマにも出演されています。


そのドラマで作り上げた山崎育三郎さんのキャラクターが話題となりました。

主演の渡部篤郎が演じる花澤の部下の役で、
W主演の遠藤憲一が演じる大道寺保の恋敵という役柄をつとめた山崎育三郎さん。

コメディ初挑戦でおおいに面白いキャラクターをつくりあげた山崎育三郎さん。


山崎育三郎さんはこのドラマの台本を渡されたときに
原作のないオリジナルの脚本を演じることに対して
「イメージ作り」の大切さを強調されたそうです。



原作があればそのイメージを想像しながら役作りができますが
オリジナルの脚本なのでコメディという要素を考えながら自分で周囲の人物やら
人間関係を考慮して監督や演出のスタッフたちと一緒になって面白い役作りに励んだそうです。

ご存知のようにミュージカル界では
プリンスという地位をすでに手に収め、
モー娘。の安倍なつみも手に入れた山崎育三郎さんですが
彼自身、ミュージカルとちがうドラマの世界をエンジョイしているのかもしれませんね。

「役者冥利につきる」ということでしょうか。

まとめ


山崎育三郎さん出演ドラマについて
まとめましたがいかがでしたか?

ミュージカルで大活躍している山崎育三郎さんですが
近年ではドラマの出演もふえてきており
知名度も着々とあげていますね。

ミュージカル俳優としては音楽番組に出演されたりもしています。

恋愛ストーリーのドラマ出演も、
おもしろいドラマ出演もあるということで
マルチな才能をもつ山崎育三郎さんから目が離せないですね。

イケメンでスタイルもいいので
モデルのお仕事とかもできそうですよね。

2018年、なにかのドラマに出演するのかしないのか・・・
注目があつまりそうですね!

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ