1位は紅白?ガキ使?2017年大晦日のテレビ番組視聴率ランキング!

2017年の大晦日も各テレビ局が年末休みの視聴者を取り込むために素晴らしい番組を提供しました。ここで気になるのは視聴率ですよね!そこで、今回は2017年大晦日の夜に放送されたテレビ番組の視聴率を調査し、ランキングを作成しました!

2017年大晦日のテレビ番組視聴率ランキングを発表!

あけましておめでとうございます!

毎年、大晦日のゴールデンタイムのテレビ番組は各局が年末休みでゆっくりしている人々を取り込もうとするため、盛り上がりますよね!
2017年の大晦日も興味深い番組が放送されました。

そこで、今回は大晦日のゴールデンタイムに放送されたテレビ番組がどのくらいの視聴率を獲得したのかをランキング形式で発表します!
ぜひ最後までご覧ください!

気になる視聴率1位は紅白歌合戦(NHK)!

大晦日視聴率ランキング第1位に輝いたのはNHKの「紅白歌合戦」です!
紅白歌合戦の平均視聴率は37.6%でした。

歴史ある紅白歌合戦は今回で第68回をむかえました。
長年にわたって素晴らしい視聴率を記録していますが、今回の視聴率は歴代ワースト3位の記録であるそうです。

また、今回は欅坂46のメンバーが数名倒れてしまうなどのハプニングが起き、話題となりました。

2位は大晦日の風物詩!ガキの使いやあらへんで!笑ってはいけないシリーズ(日本テレビ)!

大晦日視聴率ランキング第2位は日本テレビの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」です。
その平均視聴率は16.8%でした。

今や大晦日の風物詩となったこの企画は今回で12回目をむかえましたが、老若男女から絶大な支持を得ています。
毎年録画して見ているという方も多いのではないでしょうか?

2016年のこの企画はサンシャイン池崎やアキラ100%などのお笑いスターを生み出しました。そして、今回も体を張って5人を笑わせにかかる芸人、俳優に注目が集まります。

視聴率ランキング3位は年忘れニッポンの歌(テレビ東京)!

大晦日視聴率ランキング第3位はテレビ東京の「第50回年忘れにっぽんの歌」です。
視聴率は8.4%を記録しました。

紅白歌合戦に次いで歴史あるこの大晦日特番は演歌など日本の伝統的な歌を紹介しており、年配の視聴者を取り込みました。

今回の司会は徳光和夫さん、竹下景子さん、中山秀征さんがつとめました。
また、石川さゆりさん、五木ひろしさん、北島三郎さん、坂本冬美さんなどの大御所演歌歌手も出演しました。

4位は超クイズサバイバー(テレビ朝日)

大晦日視聴率ランキング3位はテレビ朝日の「くりぃむvs林修! 超クイズサバイバー2017」です。
平均視聴率は5.8%でした。

「今でしょ!」で同じみの林修先生とお笑いコンビくりぃむしちゅーによるクイズバラエティであるこの番組は今回で4回目となりました。

5位はRIZIN(フジテレビ)

大晦日視聴率ランキング第5位はフジテレビの「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017」です。
平均視聴率は5.4%でした。

視聴率こそ伸びませんでしたが、全国の格闘技ファンを虜にするこの番組は今回で3年連続の放送となりました。

6位はKYOKUGEN(TBS)

大晦日視聴率ランキング第6位は「KYOKUGEN2017」です。
平均視聴率は4.5%でした。

この番組ではビートたけしさんと爆笑問題がMCをつとめており、あらゆるスポーツのプロたちの技を画期的な企画や生中継で放送しています。
今回は現役を引退した浅田真央さんのアイスショーや格闘技を生中継しました。

2016年、2015年、2014年の大晦日視聴率ランキングは?

大晦日の視聴率ランキングはここ数年の間、上位は変動していません。
つまり、「紅白歌合戦」が絶対的王者であるということです。

2017年のラインナップは2016年、2015と変わっていません。
今後、「ガキ使」のような大晦日のお化け番組が民放からでてくるとさらに面白くなりますね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

調査の結果、2017年大晦日のゴールデン番組視聴率ランキングは1位が「紅白歌合戦」2位が「ガキの使いやあらへんで!笑ってはいけないシリーズ」3位が「年忘れにっぽん」となりました。

まだ2018年をむかえたばかりですが、今年の大晦日も各テレビ局が工夫を凝らして王者紅白歌合戦に対抗しようするでしょう。
我々視聴者も年末のテレビ番組を楽しみにして2018年を過ごしていきましょう!

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ