アニメも実写も映画銀魂はなぜ高く評価されるのか調べてみました

映画銀魂は実写版が大ヒットし、続編も決まりました。アニメも高く評価されています。アニメや漫画の実写映画は評価が厳しい中、なぜ銀魂は成功したのでしょうか?アニメでも実写版でも映画銀魂が高い評価を受ける理由について調べてみました。

映画銀魂の評価について

漫画の実写化映画としては異例の大ヒットになった銀魂。

興行収入と映画の評価は必ずしも一致しませんが、これだけヒットしていると言う事は大勢の人に面白いと思ってもらえた事は間違いありません。

実際ネットで実写版映画銀魂を高評価している人は少なくありません。

銀魂の映画はアニメの二作に関しても評価が高く、銀魂は映画との相性が良い作品と言えるでしょう。

映画銀魂の高評価の理由について調べてみました。

実写化映画の評価が厳しいのは普通

実写化映画でも興行収入で成功している作品はルーキーズや海猿などがあります。

しかしこういった作品の多くは現代の日本を舞台にしているものが多く、もともと実写化に向いているといえます。

銀魂は時代劇とSFを組み合わせたような世界観ですから、実写化とそれほど相性が良いとは思えません。

漫画やアニメと言うものは原作のイメージがあります。

実写化するとそのイメージに合わせる事はかなり難しいので、原作ファンから批判されやすいのです。

原作を知らない人からは評価が悪くなくても、原作のファンから酷評される作品と言うのも多いです。

どう見ても日本人には見えないようなキャラクターが多い作品を、日本人キャストで撮影したらこういった批判は仕方ないとも思えますが。

しかしこの点にこそ、実写版映画銀魂の高評価の理由があるようです。

実写版映画銀魂の評価はなぜ高いのか?

銀魂は元々原作でもある意味やりたい放題をやっている作品で、他の作品のパロディは日常茶飯事でキャラクターの行動もかなりはちゃめちゃです。

見ようによっては原作の中で既に登場人物のイメージを壊してしまうような行動が多いといえます、

もちろん、明らかに原作のキャラクターの性格と離れているようでは問題ですが、銀魂という作品はこの点で自由度が高く実写化してキャラクターのイメージが壊れてしまう問題が起こりづらいのです。

更に実写版映画銀魂の監督である福田雄一さんは「勇者ヨシヒコ」シリーズで様々な作品のパロディーを行なっています。

センスは違いますが、原作の銀魂でも同じようなことをしているわけでかなり相性は良いといえます。

もちろん、原作をよく理解している作られているからこその成功だと思いますが、銀魂は意外と実写化と相性が良い作品だったと思います。

映画銀魂がアニメでも評価が高い理由について

映画銀魂はアニメ「完結編 万事屋よ永遠なれ」や紅桜編の2作が作られていますが、どちらもかなり高評価を受けています。

興行収入は実写版と比べるとかなり少ないですが、そもそも公開されたスクリーン数が実写版よりかなり規模が小さくそれを考えるとかなりの大ヒットと言えます。

映画紅桜篇は既にテレビアニメ化されているエピソードを、劇場版にリメイクした作品ですが満席だった劇場も多く満足度ランキングでも非常に良い評価を受けています。

映画紅桜編は映画の追加要素などもなく、原作に忠実に映像化された作品です。

これは原作をよく理解し作られたアニメのクオリティーの高さがファンに高く評価されたと言う事でしょう。

アニメ「完結篇 万事屋よ永遠なれ」はオリジナルストーリーですが、原作の5年後の世界を描いた物語で新八や神楽の成長した姿が描かれています。

感動的な映画になっていますが、原作を知っているからこそ感動できる内容で、こちらも原作を理解していなければ作れない作品でしょう。

映画銀魂のアニメ2作の評価が高いのは、スタッフが銀魂の原作を理解し、愛しているからと言えるでしょう。

映画銀魂の評価についてまとめ

映画銀魂が高評価されている理由について調べてみました。

意外と銀魂という作品は実写化する上で敷居が低かったのかと思います。

しかし、やはり映画自体の出来が良かったという面はあるでしょうし、原作を理解していなければ実写版映画銀魂がここまで評価される事はなかったでしょう。

アニメの製作スタッフは実写版とは当然違うはずですが、高評価を受けている理由はやはり原作をよく理解しているからでしょう。

原作のある映画の出来はやはりどこまで原作を理解しているかということが問われると思います。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ