PSO2の過疎化が止まらない!?過疎になってしまった原因を調査

大人気オンラインゲームとしてゲーム情報誌、テレビなどでも話題になっていたPSO2(ファンタシースターオンライン2)の過疎化が止まらない状況になっているらしいです。何故PSO2の過疎が始まってしまったのか原因を調査してみました。

オンラインゲーム、PSO2とは

PSO2ことファンタシースターオンライン2は2012年7月4日から正式サービスを開始したセガゲームスが開発、運営するオンラインゲームです。TPSアクションゲームとなっており、自由度に自分の操作するキャラクターを作ることができ、キャラクターの着せ替え要素であるアバターやダンジョンでのレアアイテムを獲得することが最大の売りのオンラインゲームになります。

過去作にPSO(ファンタシースターオンライン)がありますがPSO2との繋がりはなく、世界観、ストーリーは完全に独立しています。

PSO2はゲームプレイは基本無料となっていますがアバターやレアアイテムなど課金をしなければ手に入らないものもあります。

PSO2の全盛期、過疎になる前

PSO2が過疎になる前、PSO2は着実にプレイヤー数を増やしていきます。2012年10月にはプレイヤー数が100万にを突破、同年12月で全盛期では170万になるなどプレイヤー数が年々と増え続け、全盛期では300万以上いたとされています。これにより全盛期のころのPSO2サーバーは常にプレイヤーで一杯でした。

プレイヤーが増えたことによりゲーム内でのイベントなどが盛んに行われており、この頃のPSO2はゲーム情報誌やオンラインゲーム紹介サイトで人気オンラインゲーム№1になっていました。

PSO2、過疎の始まり

人気№1オンラインゲームとして着実にプレイヤー数を増やして行ったPSO2ですが、2014年の後半頃から少しずつプレイヤーがPSO2から離れはじます。この頃からゲームのストーリー、クエストなどがつまらない、新しさが感じられなくなったとの声がプレイヤーから出ており、過疎が少しずつ始まりました。

しかし、この頃はまだテレビCMやゲーム情報誌などでPOS2の紹介、宣伝が頻繁にされており、古参のプレイヤーが離れて行っても直ぐに新規のプレイヤーが入るので目に見えての過疎はありませんでした。

PSO2の過疎化が止まらない原因

それからPSO2は段々とプレイヤーの数が少なくなって過疎化が進んでいきます。実際2017年12月の時点で全盛期では一杯だったサーバーもガラガラ状態、ログインプレイヤー数も数えるほどしかいない状況になっています。

この過疎になった原因として上げられるのがストーリー、クエストのマンネリ化が上げられます。POS2から他にもオンラインゲームに乗り換えるプレイヤーによると、「作業的なゲームになってしまった。」という人もおり新鮮さが無くなったのも過疎の原因といえるでしょう。

2017年現在のPSO2プレイヤー数

PSO2の公式ページによると2017年時点でユーザーID数は300万にもなっていると公表されています。しかし実際のプレイヤー数はその半分にも満たないでしょう。なぜなら300万のプレイヤーが遊んでいるのであればサーバーは全盛期の頃のように常に満員になっていなければ話が合いません。

実際にプレイヤー数の多い夜8時頃にPSO2にログインしてもプレイヤー数はかなり少ないので実際は300万IDは突破しているがプレイヤー数は半分以下ということになります。

過疎化が止まらないPSO2はどうなるのか?

このままPOS2の過疎化が進めば、最悪の場合はPOS2のサービス終了という形になることが考えられます。オンラインゲームで一番怖いところは過疎化が進むと全盛期の頃のような盛り上がりに戻ることはないというところです。なので過疎を食い止めるには現在プレイしているプレイヤーをこれ以上離さないようにゲームのマンネリ化の解消をすることが急務といえます。

PSO2の過疎化が止まらない現状 まとめ

PSO2は間違いなく一時は人気オンラインゲームでした。しかしPSO2は過疎が始まったときに何も手を打つことができず、過疎を食い止めることができませんでした。PSO2の運営はまず現状を理解し、プレイヤーが満足できるストリーやクエストを考えて配信していくことが重要になると理解するべきでしょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ