進化が止まらない!対戦格闘ゲームの最頂点streetfighter vまとめ

対戦格闘ゲームとして多くのファンを魅了してきたstreetfighter v。単なるゲームというジャンルを超えもはや一つの「競技」として大規模なイベントまで開催されています。今回はstreetfighter vの進化系譜とその魅力をまとめてみました。

これがstreetfighter vだ!

個性的なキャラクターが大集合!

赤いハチマキをした青年リュウが主人公と思われがちですが、キャラクター全員が主人公なのです。

streetfighterはゲーム会社カプコンが1987年に発売した対戦型の格闘ゲームです。
パンチボタン・キックボタン・レバー入力により発動する必殺技を駆使して相手にダメージを与えて相手の体力を削り、体力が0になったら勝ち、逆に自分の体力が0になれば負け、というルールです。当初の「1」はさほどヒットしませんでしたが1991年発売の「2」は世界的に大ヒットし、現在に至るまでシリーズ作品が発表されています。
streetfighter vは2016年2月にプレイステーション4で発売されました。

streetfighter v その魅力とは

『ストリートファイターV』SPECIAL TRAILER 16 Launch Characters

streetfighterもvまで進化すると演出も画面もどんどん派手になりますね。

streetfighterシリーズが発表されるまでも「個性的なキャラクター」が「1対1」で戦うゲームはありましたがstreetfighter(2)が爆発的にヒットする要因は
1・ゲーム基盤の技術的な進化で大きなキャラクター・スムーズな動きの表現が可能となった
2・テンポのいい爽快感
3・絶妙なパワーバランス
が挙げられます。1だけならば他のメーカーも成しえたでしょうが、2・3はカプコン制作の職人的技術集大成と言えます。
streetfighter vまでシリーズが続いた要因はゲーム機の機能向上による派手な演出だけではなく、むしろ3を重視して「どのキャラクターを選んでも練習すればトップレベルのキャラクターになり得る」点にあると思います・

streetfighter v の操作方法

リュウとチュン・リー

波動拳の光が眩しくてよくわからないけど対戦相手はチュン・リーですね。

streetfighter vには体力ゲージ以外に、EXゲージ、Vゲージ、スタンゲージ
という3つのゲージがあります。

EXゲージ
画面の最下段にあるゲージです。従来のシリーズのように攻撃をすることでゲージが溜まり
最大3本分貯めることが出来ます。

EX必殺技
EXゲージを1本消費することで強力な必殺技が出ます。
クリティカルアーツ
EXゲージ3本全てを消費するEX必殺技よりもさらに強力な必殺技が発動します。
従来のシリーズの「スーパーコンボ」や「スーパーアーツ」ですね。
リュウの「真空波動拳」、春麗の「鳳翼扇」など。ここ一番の大事な場面でクリティカルアーツを決めて一気に相手の体力を削りましょう。

Vゲージ
streetfighter v固有のゲージシステムです。
キャラクターによって2本または3本とゲージの本数が異なります。中パンチ+中キックの同時入力で成功するとVゲージが溜まります。
Vリバーサル
Vゲージを1本分消費することで、ガードから反撃できます。
Vトリガー
強パンチ+強キックで発動。Vゲージを全て消費することで、キャラクターごとに固有の特殊効果が発動、
例えばリュウのVトリガーの「電刃練気」では手に電気を纏うことで必殺技の波動拳が一定時間強化されます。

スタンゲージ
streetfighter Ⅲにあったものと同様のシステムです。体力ゲージの下に配置されているゲージで、ダメージを受けることによって溜まっていき、最大値まで溜まるとスタン(気絶)してしまいます。
一定時間攻撃を受けなければゲージは徐々に減っていきます。

削りダメージ
必殺技をガードした際は従来通り僅かにダメージ(削りダメージ)を受けますがstreetfighter vでは中・強の通常技をガードした際にも削りダメージが発生します。
通常技での削りダメージは必殺技での削りダメージとは区別されており、通常技での削りダメージは徐々に回復しますが、ダメージを受けた時点で回復しなくなります。
また必殺技での削りKOは発生しませんが、クリティカルアーツでは削りKOが発生します。

streetfighter vのキャラクター その1

streetfighterⅡ時代からの出演キャラクターですね

チュン・リーの目が怖い・・・
ブランカの顔が長い・・・

streetfighter v のキャラクターをご紹介します。
streetfighterⅡからの出演はお馴染みの
リュウ     ケン
チュン・リー  ガイル
ザンギエフ   ブランカ
ダルシム    エドモンド本田
キャミィ    豪鬼
バイソン    バルログ
サガット    ベガ

streetfighter Ⅲからの参戦は
アレックス   いぶき
オロ      ショーン
ギル

streetfighter vのキャラクターその2

こちらはストリートファイター・ゼロ

カプコンのゲーム「ファイナルファイト」より参戦したキャラクターが好評でした、がチュン・リーの新コスチュームはイマイチ・・・・

続いてstreetfighter vの出演キャラクター
「ストリートファイターゼロ」からの参戦
さくら   ナッシュ
かりん   レインボー・ミカ
是空    ダン
ユーニ   ローズ
「ファイナルファイト」「ストリートファイター1」からの参戦
バーディ  アビゲイル
コーディ  元

streetfighter vの出演キャラクターその3

レインボーミカ

「ストリートファイターゼロ」初出場時、女性キャラってだけで余り印象がなかったような・・・でも意外と人気あったんですね。

streetfighter v出演キャラクター
streetfighter Ⅳよりの出演
ジュリ   エド
ヴァイパー ハカン
アベル   ディカープリ
streetfighter v 初出演
ネカリ   ラシード
ララ    ファン
メナト   ファルケ


他にも操作できないものの対戦相手となるキャラクターもいます。是非ご自身で探してみたください。
筆者は個人的には更なる演出の進化として「服を脱ぐ」「水にぬれると髪型が崩れる」を期待しているのですがまだまだ先の話なのでしょうか。

streetfighter v まとめ

中近東キャラのラシード

しゃがみ強Pは横方向への攻撃範囲が広いため、この技を軸にしつつ、隙の小さいしゃがみ弱Kを織り交ぜて、相手を固めてしまうのが戦術です。

如何でしょうstreetfighter vの魅力あふれる世界がお分かりできましたでしょうか。
streetfighterシリーズのライバルナムコの「鉄拳」はどう来るか、セガの「バーチャファイター」は長い沈黙を続けていますが果たして?対戦格闘ゲームにまだまだ目が離せません。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ