足軽先生こといとうせいこうがラップをしているレキシがアツい!!

日本語ラップの先駆けとなったいとうせいこうさん。普段音楽を聞かないかたはいとうせいこうさんがラップ歌っているイメージは全くないのではないでしょうか。そんないとうせいこうさんが足軽先生という名前でレキシの楽曲に参加しているんです。どんなラップなのか深掘り!

そもそもいとうせいこうさんはどんな人?

名前:いとう せいこう(本名:伊藤 正幸)
生年月日:1961年3月19日
職業:編集者、ラッパー、小説家、作詞家
出身地:東京都

いとうせいこうさんは日本にHOPHOPカルチャーを広め、日本語でのラップを広め多くのアーティストがいとうせいこうさんに影響を受けたと言われています。

2009年7月9日、何度かコラボレーションしていた□□□(クチロロ)に加入。
その当時のいとうせいこうさんがラップをしている動画がこちら。

□□□(クチロロ)/ヒップホップの初期衝動

日本語のラップが広まり始めた頃の動画となっており実際この動画だけでは上手いの?下手なの?とラップを普段聞かない人はあんまり判断もつかないですよね。

ご自身でも活動をしているなかで大人気「レキシ」でレキシネーム「足軽先生」として作詞やラップを担当した楽曲も多くあります。
では動画を紹介する前にいとうせいこうさんもラップで参加している「レキシ」についても紹介。

いとうせいこうさんがラップで参加する「レキシ」

アフロヘアが特徴の池ちゃん(池田 貴史さん)によるソロユニットが「レキシ」です。

池田貴史さんはかつてSUPER BUTTER DOGのキーボーディストや100sのメンバーとして活動をしていました。そんな池田貴史さんが日本史をコンセプトとして立ち上げたプロジェクトが「レキシ」となっており、斉藤和義さん、山口隆さんや先ほど紹介したいとうせいこうさんなど豪華なゲストなどと共に楽曲を製作しています。

また、ゲスト参加したアーティストはそれぞれレキシネームがつけられておりラップを担当しているいとうせいこうさんは「足軽先生」、椎名林檎さんは「Deyonna'」、ハナレグミは「シャカッチ」などとなっています。

歴史上の登場人物も歌詞の中に登場してくるので歴史が嫌いだった若い人にも楽しめるクオリティの高い楽曲で人気となっています。

それではいとうせいこうさんが実際にラップを歌っているレキシの楽曲についてyoutubeに上がっているミュージックビデオなど動画で紹介します!

いとうせいこうさんのラップもかっこいいレキシの楽曲

レキシ - 年貢 for you feat. 旗本ひろし、足軽先生

初めてレキシの楽曲を聞く方はいかがでしょうか?
日本の歴史を題材にしているからといっておちゃらけているだけではなく実際に楽曲のクオリティが高く心地の良い楽曲ではありませんか?

また途中に出てきたいとうせいこうさんのラップもかっこよく他の楽曲も気になってきたのではないでしょうか。

そんないとうせいこうさんのラップをフューチャーした楽曲がこちら。

レキシ - 歴史ブランニューディ(MUSIC VIDEO)

いとうせいこうさんのラップも気になるところですがやっぱりミュージックビデオが個性的で楽曲よりも動画の内容を見てしまいがち。
さすがレキシ。

いとうせいこうさんのラップ以外にも豪華ゲストが出演!

レキシ / きらきら武士 feat. Deyonna

ファンの中でも大好きな方が多い楽曲。
レキシネーム「Deyonna'」の椎名林檎さんが歌う「キラキラ武士」
一度聞いたらなんども聴きたくなるような楽曲ではないでしょうか!

きらきら武士だからか、ミュージックビデオに参加しているのは仲川希良さんもとっても可愛いです。

レキシ『姫君Shake! feat. 齋藤摩羅衛門』

レキシネーム「齋藤摩羅衛門」の斉藤和義さんとの楽曲「姫君Shake!」
レキシの楽曲の中でもかなりかっこいい楽曲です。
ミュージックビデオもかっこいいですが池ちゃんが姫君となっていてアフロとヒゲが絶妙な違和感でレキシらしいミュージックビデオになっています。

いとうせいこうさんのラップはかっこよかった!

「狩りから稲作へ feat. 足軽先生、MC四天王、MC末裔」ライブVersion ツアー「レキシでも㊎」 @恵比寿LIQUIDROOM 2012年5月2日

最後はライブでも大人気の「狩りから稲作へ」
レキシのライブに行く方はこの楽曲で「高床式〜ねずみ返し〜高床式〜ねずみ返し〜」のところで池ちゃんと盛り上がっちゃうのを楽しみな方も多い楽曲。

いとうせいこうさんのラップもかっこいいですしレキシには欠かせないメンバーです。
レキシの新曲は毎回どんな人をゲストにむかえるかも楽しみですし、今後の新曲も楽しみですね!

そしていとうせいこうさんのラップはやっぱり日本に与える影響もすごかったんだと改めて実感です!

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ