衝撃の話題作!上戸彩・斎藤工主演の映画「昼顔」の感想!!

上戸彩・斎藤工主演で放送されたテレビドラマ昼顔が約3年のときを経て映画昼顔としてかえってきました。テレビドラマの続編として映画昼顔が公開されましたが今回は映画昼顔の感想をまとめました。感想とともにネタバレ含みますのでご注意ください。

映画昼顔の感想!

上戸彩と斎藤工が許されざる不倫に溺れる女と男にふんして話題を呼んだテレビドラマ昼顔。

放送終了から約3年がたち、ふたりのその後をえがく映画としてかえってきました。

映画昼顔の舞台は静かな港町・三浜。

不倫が原因で夫とわかれ、自分をしるものがいない土地に引っ越してきたさわは海辺のレストランで過去を忘れるようにひたむきに働き、慎ましくも平和にくらしていました。

映画昼顔の感想!

そんなある日、かつて不倫関係にあった北野先生が街でホタルに関する講演を行うことをしったさわは迷いながらも会場に足を運んでしまいます。

偶然か必然か、ついに再会を果たした二人はかつてのように逢瀬を重ねるが彼らの関係は北野先生の妻・のりこに気づかれてしまいます。

映画昼顔の感想!


またばれたのかよ!とつっこみたくなるところですが・・・本作ではさわと北野は別れることをしません。

なんと彼らは今度こそ一緒になろうとのりこを説得していきます。

序盤の見どころはそんなふたりに対して怒りに震えるが再び露見するシーンがすばらしいです。

映画昼顔の感想!


ところが映画昼顔においてふたりの障害となるのはのりこではありません。

ドラマ版の昼顔では決してそうすることがなかったのりこですが
映画内で彼女はさわと北野の関係を認めていくことになります。

のりこは純愛をつらぬくさわと北野に対してある種の敗北を感じていきます。

これに伴い、のりこの憎しみ・恨みといった負の感情は徐々に希薄化していくのですが
一方でさわは自身がおかした不倫という罪に直接的な関係をもたない、第三者の立場にある人々から向けられる。冷たい視線と向き合うよう強いられることになります。

映画昼顔の感想!


ドラマ版の
昼顔ではこうした第三者による視線が映し出されたのは終盤の数話のみでしたが
映画昼顔ではこれと向き合うさわの姿を描写することに比重がおかれています。

ドラマ昼顔の終了とほぼ時を同じくして芸能界を中心に世間では不倫がそれまで以上におおきなものとして取り沙汰されるようになりましたね。

ワイドショーなどでも非道徳的な行為という認識をこえて違法行為なみに扱われることがほとんどです。

映画昼顔の感想!



そこに真実の愛がうまれることもあるのではと短絡的な肉体関係やたださみしかったからという理由ではじまった薄汚い恋愛だとしても妥協した結婚生活にはない真実の愛がうまれることがあるのではないかとおもいますね。

さわと北野が織りなすロマンスからはこうした問題提起とともに観客を力強く引き込むパワーがかんじられました。

映画昼顔の感想!

ドラマ昼顔はドラマならではの作りで
次のストーリーが気になるという感じでつくられているような感想でした。

しかし映画昼顔は2時間ほどぶっとおしでストーリーがすすんでいくので
ずっとハラハラ・ドキドキという感想。

のりこにばれたときはほんとうに心臓がとまるかとおもうほど
車のクラクション音にびっくりしましたね。

映画昼顔の感想!


映画昼顔の感想としては
結果的に不倫がわるいとかそういう話ではなく
愛の強さ、お互いを想い合う強さについて考えさせられるような感想をいだきました。

ドラマ昼顔は、まあ不倫がばれたから誓約書などかかされて
もう会えないのは仕方ないよって思ったんですが
映画昼顔でもう一度再会し結ばれたふたりをみて
誓約書などを書いた上でも、まだお互いを想い合っていることの愛の強さに感動しました

映画昼顔の感想まとめ!


映画昼顔の感想いかがでしたか?

ドラマ昼顔も映画昼顔も、感想はいろいろあるとおもいます。
にしても本当に世間に話題をよんだ作品ですよね。
主婦目線での感想、旦那目線での感想、独身目線での感想などなど
いろいろあるとおもいますが
ふたりの愛の強さ、のりこの純愛さが心に響くことでしょう。

映画昼顔では北野先生がなくなってしまったので
もう続編はないでしょう。

死んでしまう前に遺伝子を残せてよかったのではないでしょうか。まだ見ていない方はぜひ映画昼顔をごらんください。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ