映画「何者」あらすじ,キャスト,原作,主題歌,挿入歌,フル動画を紹介

映画「何者」は22歳の大学生の就活、恋愛と言ったものをテーマに展開する物語で、悩める若い人に共感がもてるストーリーになっています。そんな映画「何者」のあらすじ、キャスト、原作、主題歌、挿入歌を紹介します。フル動画もあります。

映画「何者」とは?

映画「何者」は2016年に上映され、
原作は朝井リョウの小説で、
2017年秋に舞台化されています。

そんな映画「何者」の、
あらすじ、キャスト、原作、主題歌、挿入歌を紹介します。

上の動画は映画「何者」のフル動画です。

映画「何者」のあらすじ、ネタバレ


映画「何者」のあらすじを紹介します。

二宮拓人(佐藤健)は演劇サークルで脚本を書いていたが、
就活を機にやめる。

神谷光太郎(菅田将暉)は学生の時バンドをしていて、
コミュニケーション能力は高い。

田名部瑞月(有村架純)は光太郎の元カノで、
拓人が思いを寄せています。

小早川理香(二階堂ふみ)は就活への意識が高いが、
なかなか結果が出ない。

宮本隆良(岡田将生)は就活はしないと宣言しながらも、
隠れて就活しています。

22歳の大学生5人は、
理香の部屋を「就活対策本部」にし
定期的に集まっています。

映画「何者」はこの5人を軸とした物語です。

映画「何者」のキャスト

映画「何者」のキャストを紹介します。

二宮拓人:佐藤健
田名部瑞月:有村架純
小早川理香:二階堂ふみ
神谷光太郎:菅田将暉
宮本隆良:岡田将生
サワ先輩:山田孝之

映画「何者」には今をときめく人気の
俳優さん、女優さんが出演しています。

映画「何者」の原作

映画「何者」の原作を紹介します。

映画「何者」の原作は朝井リョウさんで、
2012年で発売され、
第148回直木三十五賞受賞。



朝井リョウさんのプロフィール

本名:佐々井遼
生年月日:1989年5月31日(28歳)
出身:岐阜県垂井町
最終学歴:早稲田大学文化構想学部
デビュー:2009年

朝井リョウさんの代表作
「桐島、部活やめるってよ」(2009年)
「何者」(2012年)

朝井リョウさんのの主な受賞歴
「小説すばる新人賞」(2009年)
「直木三十五賞」(2013年)
「坪田譲治文学賞」(2013年)


2009年「桐島、部活やめるってよ」でデビューし、
2012年に映画化され、
2012年「もういちど生まれる」で第147回直木三十五賞候補、
2013年「何者」で第148回直木三十五賞受賞。

現在28歳で小説の数は10作強ですが、
色々な賞を取り、
映画化、ドラマ化、アニメ化された作品は多いです。

「桐島、部活やめるってよ」は映画化、
「チア男子!!」は漫画化、アニメ化、
「何者」は映画化、
「武道館」はドラマ化されました。

「武道館」は2016年2月~3月の土曜日深夜に放送されていました。

映画「何者」の主題歌、挿入歌

映画「何者」の主題歌は、
中田ヤスタカの「NANIMONO」

映画「何者」の挿入歌は、
忘れらんねえよ「俺よ届け」「まだ知らない世界」、
LAMP IN TERREN「pellucid」

”忘れらんねえよ”は、
2008年に結成された2人組のバンドです。

タイアップ曲も多く
映画「うつくしいひと」
映画「ポンチョに夜明けの風はらませて」
などの主題歌に起用されたり、
cmソングに起用されたりしています。

”LAMP IN TERREN”は
2006年に結成された4人組のバンドです。

タイアップ曲は
映画「夫婦フーフー日記」の「ボイド」や
劇場第2部「亜人 -衝突-」の「innocence」などです。

舞台「何者」は?

舞台「何者」はジャニーズJr.の
阿部顕嵐が主演で舞台化され、
東京・天王洲銀河劇場で
2017年11月25日から12月10日まで上演されました。

舞台のキャスト

二宮拓人 - 阿部顕嵐(ジャニーズJr.・Love-tune)
小早川理香 - 美山加恋
宮本隆良 - 長妻怜央(ジャニーズJr.・Love-tune)
神谷光太郎 - 鈴木勝大
田名部瑞月 - 宮崎香蓮
サワ先輩 - 小野田龍之介

映画「何者」のまとめ

映画「何者」は22歳の大学生の悩みや就活、
恋愛と言ったものをテーマに展開する物語です。

作家の年齢が28歳と言う事もあり、
若い人の悩みが判る人で、
若い人を主役にした物語が上手いです。

原作は朝井リョウさんで、
朝井リョウさんの小説はこれまで、
いろいろドラマ化、映画化されてきた人気の作家です。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ