ドラえもんの泣ける映画「のび太の恐竜2006」を徹底解剖!!

映画ドラえもんとして1980年に公開された「ドラえもん のび太の恐竜」のリメイク版で泣けると話題になった映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」について「ドラえもん のび太の恐竜2006」の内容や主題歌などご紹介していきます。

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」が気になる!

内容や主題歌が気になる映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」の主題歌や内容について詳しくご紹介していきたいと思いますので、ぜひご覧ください。

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」は2006年3月4日に公開された映画ドラえもんシリーズ26作品目で、マンガドラえもん誕生35周年記念作品になっています。

日本だけでなく、中国、台湾、シンガポール、香港で公開された映画作品で、日本での興行収入は32億8000万円を突破した作品です。

ドラえもんの名作映画「ドラえもん のび太の恐竜」

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」にまつわる映画「ドラえもん のび太の恐竜」とは何なのかご紹介していきます。

映画「ドラえもん のび太の恐竜」とは、ドラえもんの漫画家である藤子・F・不二雄の作品をもとに1980年3月15日に公開されたドラえもん映画作品です。

大長編・映画ともに映画ドラえもん記念すべき第1作品目です。配給収入は15億5000万円を記録しています。

物語はのび太の暮らす現代から白亜紀で展開していきます。ハラハラドキドキする内容でありながらほっこりとする話です。

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」はリメイク作品

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」のストーリーについてご紹介していきます。

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」は、キャッチコピーを、「DORAEMON THE MOVIE 2006」「うまれたて、映画ドラえもん。」「君がいるから、がんばれる。」として公開されました。

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」は1980年3月15日に公開された映画「ドラえもん のび太の恐竜」のリメイク作品なんです!!

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」でもストーリーは基本的に変わりませんが、時代背景にあった感動的な泣ける作品になっているのが特徴です。

また、シンエイ動画の筆頭アニメーターである大塚正実氏が1989年の「ドラえもん のび太の日本誕生」以来17年ぶりに参加しています。

「ドラえもん のび太の恐竜2006」のストーリー

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」の予告動画をご覧ください。あらすじをご紹介していきます。

フタバスズキリュウ(首長竜)のピー助を1億年前の白亜紀に返すためにドラえもんやのび太達の冒険は始まります。

ピー助はよく人に懐いており、「こんなに人になついている首長竜は珍しい」と黒マスクの恐竜ハンターに狙われてしまい、逃げつつもピー助を1億年前の白亜紀に返すために冒険するハラハラ、ドキドキ、涙も出てくる感動的なストーリーです。

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」の声優キャスト

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」の声優陣についてご紹介していきます。

ドラえもん/水田わさび
のび太/大原めぐみ
しずか/かかずゆみ
ジャイアン/木村昴
スネ夫/関智一

ゲスト声優一覧
ピー助/神木隆之介
黒マスク(恐竜ハンター)/船越英一郎
タイムパトロール隊員/大橋卓弥、常田真太郎(スキマスイッチ)
おじさん・主婦A・ニュースキャスター・タイムパトロール長官・リサイクル業者 /劇団ひとり

豪華な声優陣ですね!フタバスズキリュウのピー助を演じた俳優の神木龍之介さんは12歳だったそうです。

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」の主題歌は?

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」の主題歌をご紹介していきます。

オープニングテーマには「夏川りみ」シングル11作品目となる「ハグしちゃお」が使用されました。

「ハグしちゃお」はアニメドラえもんのオープニングテーマとして、2005年10月28日から2007年4月20日まで使用されました。

エンディングテーマは、「ドラえもん のび太の恐竜2006」で声優も務めているスキマスイッチが担当し、7枚目のシングルとなる「ボクノート」が使用されています。

まとめ

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」についてまとめていきましたがいかがでしたか?

「ドラえもん のび太の恐竜2006」はハラハラ、ドキドキ、泣ける作品で子供からお年寄りまで幅広い男女におすすめしたいドラえもん作品の1つですね!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ