映画「何者」の内容を紹介!メイキング動画や予告動画もあり!

映画「何者」は就活をテーマとしており、登場人物の心境や面接のリアルな情景が描かれています。「何者」の原作者は朝井リョウ、監督は三浦大輔が勤めています。この記事ではメイキング動画や予告動画による雰囲気や映画「何者」の内容や原作との相違点を記述しています。

映画「何者」とは一体どのような映画なのか?予告動画を載せました!

映画「何者」は、2016年10月15日に公開された就活をテーマにした映画です。さらに「何者」では、登場人物の心境や人間関係も注目する点です。

近年の就活は、志望動機を暗記しそれに基づいたパターンをシュミレーションしてから本番に挑む就活生が多いです。また、少しでも採用の可能性を上げるために嘘をつくこともあります。この映画は、面接に挑む就活生のリアルな場面が忠実に再現されており、これから就活を始める大学生にはとても役に立つ映画になっています。

映画「何者」の予告動画に出てくる芸能人は?役柄についても紹介!

「何者」の予告動画に出てくる芸能人は6人いて、初めに、二宮拓人役の「佐藤健」です。拓人は、演劇サークルに所属していた人間観察や分析が得意な就活生です。「菅田将暉」が演じる神谷光太郎は、バンド活動をしていたコミュニケーションが高い就活生です。「有村架純」が演じる田名部瑞月は、光太郎の元彼女で素直で優しい性格をしています。

「二階堂ふみ」が演じる小早川理香は、積極的に就活を行っている女子学生ですがなかなか結果が実ってきていませんでした。「岡田将生」が演じる宮本隆良は、理香と同棲しており、就活に疑問を感じつつも内心は焦ってきている学生です。「山田孝之」が演じるサワ先輩は、拓人の相談相手として描かれており、この映画の重要人物です。

「何者」の予告動画内では、就活に挑む登場人物の意気込みや面接の過酷さを感じることができるものとなっています。

映画「何者」の原作との相違点はどういったものか?ネタバレ注意!

映画「何者」は原作と比べてみるとかなりの相違点があります。映画では、時間や尺の関係によってカットされている部分が多いです。例えば、登場人物の光太郎の得意料理について言及されておらず、また、性格も原作では活発な印象を持ちますが、映画ではコミュ障な印象を持ちます。

さらに、「何者」での重要なシーンである面接の風景もカットされているところが多いです。例えば、映画では一部分をピックアップして映像にしたり動画にしたりしていますが、原作では面接のすべてのシーンをノーカットで描かれています。

また、原作では描かれていないシーンが映画ではあります。それは、「毒とビスケット」の演劇シーンになります。これは、拓人が考え事をしている間に挟まれているギンジが作った劇団「毒とビスケット」の演劇の部分です。映画で使われた意味は、拓人と他の人の気持ちを区別するために使われたのではないでしょうか。

「何者」を取ったロケ地はどこなのか?メイキング動画も載せました!

映画「何者」は、「御山大学」という架空の大学を舞台にしています。そのロケ地に選ばれたのは、帝京大学八王子キャンパスの蔦友館と17号館です。予告動画で移っていた会場はこの帝京大学八王子キャンパスということです。

加えて、「何者」では演劇のシーンも撮影しており、そのロケ地は厚木市文化会館で行われました。この会場は、本厚木駅から徒歩10分程度の場所にあり1500人ものエキストラが集められて撮影していました。

予告動画だけでなくメイキング動画も公開されています。動画内では、実際の面接の風景や出演者の演じ方や印象が語られています。このメイキング動画は、youtubeで公開されており、いつでもこの動画を見ることができます。

帝京大学八王子キャンパス

メイキング動画でも出てきているように「何者」の面接のシーンは帝京大学八王子キャンパスで撮影されました。この大学は、「経済学部」「法学部」「文学部」「外国語学部」「教育学部」「医療技術学部」といった学部があります。

動画内で出てきた部屋は、主に食堂として使われています。加えて、動画内で面接のシーンを撮影した場所はこの学校の17号館であり、主に授業や研究で使われることが多い教室となっています。

厚木市文化会館

メイキング動画では出てきませんでしたが、「何者」のシーンの中で厚木市文化会館もロケ地として撮影場所に選ばれました。ここでは主に演劇のシーンを撮影しています。

アクセス方法は、本厚木線から徒歩10分程度の場所にあります。近くには、ガストがあったり郵便局があったりします。普段は、コンサートや演劇などで使われることが多く、たまに人気アーティストのライブ会場としても使われることがあります。

映画「何者」をより楽しく深く理解するために抑えるべきポイントは?

映画「何者」をより楽しく深く理解するためには、登場人物をどのくらい理解できるかにかかっています。映画内で登場人物の背景や性格が出てきます。少なからず現代の若者に当てはまる設定ですので、感情移入しやすいでしょう。そして、誰もが一度は味わったことのある面接の独特の緊張感や空気感を体感することです。

人生を左右する面接は不安や緊張などのさまざまな感情があります。この映画では手に汗握る展開を楽しむことができます。また、現代の面接におけるリアルな情景が描かれているため共感しながら楽しむことができます。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ