映画『ラッシュライフ』ってどんな作品?どんな俳優が出演してる?

2005年に原作『ラッシュライフ』の小説が発売され、2009年に映画化された映画『ラッシュライフ』という作品をご存知でしょうか。テンポの良いサスペンスメインの人間模様が複雑に絡み合ったストーリーになっています。今回は映画『ラッシュライフ』の魅力に迫ります。

映画『ラッシュライフ』とは

映画『ラッシュライフ』は伊坂幸太郎先生による小説が原作の映画です。2002年7月30日に新潮ミステリー倶楽部、2005年5月1日に新潮文庫で発行されました。伊坂幸太郎先生が注目されるきっかけとなる作品です。2009年6月13日に映画化されました。

映画『ラッシュライフ』のあらすじ

映画『ラッシュライフ』予告

映画『ラッシュライフ』は若い女性画家、泥棒を生業とする男、父親を自殺で失い神に憧れる青年、不倫相手との再婚を企むカウンセラー、職を失い途方に暮れる男といくつものストーリーが絡み合い、物語は意外な展開を迎えてくストーリーになっています。

様々な人が交差する人間模様を盛りこんだサスペンスなんですね。映画『ラッシュライフ』を観ると、人の人生の交差が織り成す不思議な縁を感じる事ができます。

映画『ラッシュライフ』の主演は?

映画『ラッシュライフ』の主演を務めたのは俳優の堺雅人さんです。堺雅人さんはシリアスな役からコミカルでハイテンションな役まで変幻自在に演じられる方ですよね。この映画『ラッシュライフ』では泥棒役を熱演されていて、仕事には美学を持つ黒澤を演じています。

どんな役にも嵌まる堺雅人さんが主演をされているだけで、一度は観る価値があるのではないでしょうか。

映画『ラッシュライフ』のメインキャスト

不倫をしているカウンセラーを演じているのは寺島しのぶさんです。寺島しのぶさんは父が歌舞伎役者の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子、父方の祖父は七代目尾上梅幸、母方の祖父は東映の俊藤浩滋プロデューサー、弟は歌舞伎役者の五代目尾上菊之助という演劇・俳優一家に生を受け、大学在学中より舞台、テレビドラマを中心に活躍している方です。

映画『ラッシュライフ』でも大人の色気のある京子役を熱演されていました。

高橋の宗教団体の信者で、父親を自殺で亡くした過去を持ち、神に憧れる青年、河原崎役を演じたのは俳優の柄本佑さんです。父は俳優の柄本明、母は女優の角替和枝、弟は俳優の柄本時生、妻は女優の安藤サクラと芸能一家なんですね。

どうりで演技が上手いはずです。いつもちょっと変わった役を演じている印象ですが、映画『ラッシュライフ』でも宗教を信仰し、神に憧れるという難しい役どころを演じていました。

職を失い、家族にも見捨てられた中年男性である豊田役を演じたのは最近は本業のお笑い芸人よりも俳優業が多忙な板尾創路さんでした。映画『ラッシュライフ』でこういう役どころを演じられるのは流石だなと思います。

映画『ラッシュライフ』で京子の不倫相手を演じたのは俳優の深水元基さんでした。様々な映画やドラマで名脇役振りを発揮している深水元基さん、映画『ラッシュライフ』でも名演技を見せ付けてくれましたね。

普段のお顔もなかなかのイケメンさんですね。

青山の妻役を演じたのは女優であり、タレントのサトエリこと、佐藤江梨子さんでした。友情出演という事で、映画『ラッシュライフ』での出番は少なかったですが、旦那の青山と不倫相手の京子を殺そうと画策するちょっと怖い女を熱演されています。

映画『ラッシュライフ』で裕福な画商、拝金主義で絵画を株の一種のようにしか思っていない戸田役を演じたのは俳優の団時朗さんです。若かりし頃のお写真しか見つかりませんでした・・・。

映画『ラッシュライフ』は面白い

映画『ラッシュライフ』の評価は賛否両論のようですが、私個人の意見としては面白かったです。ただ、原作の小説のあるあるとしては、やはり、長編小説をギュッと縮めて作られているので、原作を先に読んでしまうと物足りなさを感じてしまうかもしれません。

お勧めは映画を観てから原作を読むと、『ラッシュライフがより楽しめると思います。そこが原作のある映画の難しいところなんでしょうね。

興味のある方は是非、映画『ラッシュライフ』を観てみて下さいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ