ジョン・カーニー監督の最新映画「シング・ストリート」の曲

大人気音楽映画を手掛けたジョン・カーニーの最新映画「シング・ストリート」。そんな映画「シング・ストリート」に登場する名曲を8曲紹介します。挿入曲も、実際に作中で歌われる曲も、全部名曲揃い!英ロックが好きな人にはたまらない映画となっています。

映画「シング・ストリート」


大人気音楽映画をてがけたジョン・カーニー監督の「シング・ストリート未来へのうた」が2016年に日本で公開されました。

アイルランドの中学生がバンドをくんで、家庭の問題や学校でのいじめに立ち向かう姿をパワフルに描いた映画です。

映画「シング・ストリート」


映画「シング・ストリート」のみどころは音楽。
80年代の英ロックシーンを賑わした名バンドの音楽だけでなく
作中でキャストが歌う曲も名曲ぞろいなんです。

映画「シング・ストリート」

映画「シング・ストリート」に登場する名曲を紹介します。


まず映画「シング・ストリート」に登場する曲ひとつめは
「リオ」デュランデュランです。

イギリスのバーミンガム出身の人気バンド・デュランデュランの最大のヒットともいえる曲。

バンドを知らなくてもあの有名なキーボードを聞いたことのある人はおおいかもしれません。

映画「シング・ストリート」の中で主人公のコナーがこの曲のミュージックビデオをみているシーンがあります。

映画「シング・ストリート」

映画「シング・ストリート」に登場する曲ふたつめは
「悪意という名の街」ザ・ジャム の曲です。

バンド解散直前に発表されたキャッチーなこの曲は発表されるとすぐに英ヒットチャートの1位を獲得しました。

名作「リトル・ダンサー」にも使われていることから聞いたことのある人もおおいかもしれません!将来性のない寂れた街の雰囲気を上手く表現しています。

映画「シング・ストリート」

映画「シング・ストリート」に登場する曲3つめは
「インビトゥイーン・デイズ」ザ・キュアー の曲です。

多くのロックバンドに影響を与えているイギリスのバンドの一曲。
世界中で大成功を収めたヒット曲です。

愛する人の不在と、帰ってきてほしいとという切実な願いのこめられたこの曲は映画「シング・ストリート」にもマッチしています。

映画「シング・ストリート」

映画「シング・ストリート」の登場する曲4つめは
「マンイーター」ダリル・ホール&ジョン・オーツの曲です。

映画「シング・ストリート」に登場するコナーの心を一撃で撃ち抜く年上女性ラフィナのイメージにぴったりの曲です。

映画「シング・ストリート」

映画「シング・ストリート」に登場する曲5つめは
「ステッピン・アウト夜の街へ」ジョー・ジャクソンの曲です。


イギリスニンであるジャクソンがニューヨークの街をイメージして作り上げたこの曲は新しい大人の世界へと一歩を踏み出す気持ちを描いています。

映画「シング・ストリート」

映画「シング・ストリート」に登場する曲6つめは
「ポップミュージック」Mの曲です。

ポップ音楽に対するラブレターとも言えるこの作品は音楽への愛を語る映画には欠かせない一曲!
そのため映画「シング・ストリート」に登場するのもうなずけますね♬

映画「シング・ストリート」

映画「シング・ストリート」に登場する曲7つめは
「ステイ・クリーン」モーターヘッドの曲です。

大音量かつハイスピードの爆走型ロックンロールをその音楽性の軸として活動しているイギリスのバンドの1曲。

1975年に設立されてから2015年末にバンドの主要メンバーであったレミーが死去するまで活躍した長寿バンドです。

この曲のかっこいいギターをきけば、主人公のコナーとその兄がロック音楽に傾倒するのもわかる気がしますね。

映画「シング・ストリート」

映画「シング・ストリート」に登場する曲、最後は
「ゴー・ナウ」アダムレヴィーンの曲です。

2015年公開のカーニー監督映画に楽曲提供をし、また俳優デビューも飾ったアダムレヴィーンが今回の映画「シング・ストリート」のために描き下ろした一曲です。

夢を追いかけることの難しさと楽しさ、そして自分の人生を全力でいきることの大切さを歌ったこの曲は私たち全てに向けられたエールであるともいえます。

映画「シング・ストリート」まとめ


映画「シング・ストリート」に登場する曲を
まとめてみましたがいかがでしたか?

ステキな音楽がたくさんで、
映画を見ながら音楽も楽しめることがわかりましたね。

見たことないかたはぜひ、クリスマスに大切な人と映画「シング・ストリート」を見てみましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ