豪華俳優が出演!映画「64-ロクヨン- 前編/後編」のあらすじは?

映画「64-ロクヨン」は2016年5月7日、6月11日に前後編の2部作で公開されました。映画「64-ロクヨン- 前編/後編」のあらすじは?ネタバレもあります。今回は「64-ロクヨン- 前編/後編」のあらすじをご紹介します。

映画「64-ロクヨン」の出演者!

主な出演者

・三上義信(広報官)佐藤浩市
・諏訪(広報室係長)綾野剛
・美雲(広報室婦警)榮倉奈々
・松岡勝俊(捜査一課長)三浦友和
・赤間(警務部長)滝藤賢一
・二渡(警視)仲村トオル 
・荒木田(刑事部長)奥田瑛二 
・三倉(捜査一課次席)小澤征悦
・落合(刑事部捜査二課長)柄本佑
・幸田一樹(元刑事)吉岡秀隆
・日吉(元科捜研研究員)窪田正孝
・辻内(D県警本部長)椎名桔平
・秋川(東洋新聞キャップ)瑛太
・手嶋(記者クラブの一員)坂口健太郎 
・雨宮芳男(被害者の父)永瀬正敏
・目崎正人(被害者かすみの父親)緒形直人
・三上美那子(三上の妻)夏川結衣
・三上あゆみ(三上の娘)芳根京子

主要な出演者を並べると超豪華なメンバーです。
次からは映画「64-ロクヨン前編・後編」のあらすじです。

映画「64-ロクヨン」あらすじ・事件の発端は?

映画「64-ロクヨン」横山秀夫のベストセラー作品を映画化し前編と後編の二部作で作られています。
昭和64年に起こった誘拐事件を実話をモデルにした作品です。
丁度昭和64年は年号が平成に変わった年でもあり、昭和64年はわずか7日しかありません。この事件は刑事たちの中では「64-ロクヨン」と呼ばれていました。
ではあらすじを紹介します。

【映画「64-ロクヨン」前編のあらすじ】

事件の発端は昭和64年1月雨宮翔子ちゃん(小1)が何者かに誘拐されました。群馬県警捜査班の三上と松岡が誘拐された雨宮家に行きます。家には電話係として県警の柿沼、幸田、日吉が既に待機しています。身代金を要求する電話があり、少女の父雨宮芳男は指定されたとおり現金を積み車で行きます。雨宮は各所へ走りまわった後、犯人の要求通り現金が入ったスーツケースを川に投げ込みます。
後日、県警が川を捜索すると中身が空のスーツケースを発見。
時代は昭和から平成に変わった日、雨宮翔子ちゃんが遺体となり発見されます。
被害者が死亡、犯人が特定できない未解決事件となってしまいました。

これが映画「64-ロクヨン」事件の発端です。

映画「64-ロクヨン」あらすじ2

【映画「64-ロクヨン」前編のあらすじ2】

時は経ち平成14年、「ロクヨン」の捜査にあたっていました刑事三上義信は、警務部広報室に広報官として移動する事になりました。そんな三上のもとに64事件の被害者雨宮宅に警察庁長官の慰問許可を取り付けて来るよう上司の赤間に命令される。しかし雨宮芳男はこれを断ります。
三上は雨宮を説得しようと64事件を調べ直します。そこで今まで聞いたことのない「幸田メモ」という言葉を耳にします。
当時捜査に加わっていた電話係りの吉浩が事件後警察を辞め引きこもりにねっていたことを知ります。「幸田メモ」を残した幸田も警察を辞め、スーパーの駐車場の誘導係りに。三上が捜査に加わる前にも犯人からの電話があり、その時探知機や録音機などが作動せず、記録に残せなかった警察側のミスを知ります。
雨宮は県警の隠ぺいを知っていたのです。そして雨宮だけが犯人の声を聞いていたのでした。その雨宮は突然許可を出します。
しかし三上はその視察の目的が、東京のキャリア官僚を刑事部長にするためということを知ります。
そして64事件と手口がそっくりな新たな誘拐事件が発生します・・・。

ここまでが映画「64-ロクヨン」前編のあらすじでした。
後編に続きます。

映画「64-ロクヨン後編」あらすじ1

映画「64-ロクヨン前編」のあらすじは模倣事件が起こったところまででした。

【映画「64-ロクヨン」後編のあらすじ1】

64事件と手口がそっくりな誘拐事件はの被害者はスポーツ用品店を営む目崎正人の長女。
三上は県警記者クラブの対応の為会見を開きますが、刑事部は情報を遮断します。。「ロクヨン」模倣事件の被害者を匿名報道にする」と上司から命令を受けた三上は、「事件は基本、実名報道にすること」という記者クラブとの約束を守るため、捜査本部に行き名前を探りますが、捜査本部に入ることすらできません。トイレの個室に隠れて刑事部の動きを探る三上、刑事部捜査一課長の松岡がやってきます。三上から被害者の名前を聞き出すことに成功します。
しかし、被害者の名前だけでほかの情報が何もない三上は、松岡達の車に乗り込みます。
まもなく犯人からロクヨン模倣犯から身代金の渡し方の支持が入ります。
犯人は64事件と同じ2000万円を父親の目崎に持ってくるように要求します。この指示はロクヨン事件と同様の道順で身代金を運ばせます。模倣犯は電話の途中で変声用のヘリウムガスがなくなってしまい実声を聞かせてしまいます。
その声に覚えがある三上。「幸田メモ」を作成した元警察官の幸田の声です。

映画「64-ロクヨン後編」あらすじ2 

【映画「64-ロクヨン」後編のあらすじ2】

警察を退職した幸田は被害者家族の雨宮宅を頻繁に訪れ、何とか昭和64年の事件を終わらせる方法を雨宮と二人で話あっていたのです。雨宮は自分だけが聞いた犯人の肉声だけを頼りに公衆電話から電話帳の名前一つ一つに電話をかけ、目崎が「ロクヨン」事件の犯人の声のだと突き止めていました。
幸田と共謀してこの「ロクヨン」模倣事件を起こしたのでした。実際に目崎の娘は誘拐されておらず、松岡は目崎を泳がせることにし目崎に娘の安否を伝えません。そんな松岡に三上は怒りを隠せません。
一方の目崎は当時雨宮が「ドラム缶の中に全ての現金を入れ、そばにある一斗缶の中のオイルとマッチで現金を燃やせ」と言われます。現金がなくなることに動揺しつつも、娘の命には変えられないと現金を燃やします。

雨宮と幸田は64事件の犯人が分かっても警察には連絡せず、模倣事件を起こし目崎が犯人だいう真実を仮想としますが、目崎は被害者という態度を変えません。証拠がないため目崎の逮捕を諦める警察。
次に三上が取った行動が事件を解決することになります・・・

以上【映画「64-ロクヨン」後編のあらすじ2】でした。

映画「64-ロクヨン後編」あらすじ3 ネタバレあり

【映画「64-ロクヨン後編」あらすじ3 ネタバレあり】

三上は14年の時をかけた誘拐事件を解決するため一人行動をします。
目崎の次女を三上が連れ出します。三上は目崎に目崎に「次女を返してほしければ「小さな棺までこい。」と電話で呼び出します。
これこそ14年前の誘拐犯目崎でしか知りえない確たる証拠となります。
こうして事件はようやく解決しました。

まとめ

映画「64-ロクヨン」前編・後編のあらすじを紹介しました。
このあらすじには書切きれない部分にも、警察とマスコミの間にある確執や警察内部の体質等深く描かれている映画です。
事件に関わった刑事たちのその後被害者家族の消えない子供への思いや、三上の娘もまた行方不明になっていること等色々含んだ面白い作品に仕上がっています。
二部作だけあり見ごたえも満載です。
このあらすじを頭に入れながら見ると、少し映画の内容がわかりやすいと思いますよ。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ