【ネタバレあり】スティーヴン・スピルバーグ監督映画「激突」を解説

不気味なタンクローリーに追いかけられる主人公を描いたスリラー映画「激突」。スティーヴン・スピルバーグ監督の長編デビュー作でその出世作となったこの映画「激突」のポイントをネタバレありで解説していきます。ラストのネタバレもあります。

映画「激突」ネタバレあり

映画「激突」はリチャード・マシスンの短編小説をもとにしたスティーヴン・スピルバーグ監督による1971年の作品です。

当初テレビ映画として制作されましたが、シーンを追加して劇場版として公開されました。日本では1973年1月13日に公開されています。

アメリカ南部とみられる、ほとんど人気のない砂漠のハイウェイを車で走行していた男性が、一台のタンクローリーを追い越したことをきっかけに、そのタンクローリーに付きまとわれ、命を狙われるというストーリーです。

ここでは、この映画「激突」をネタバレありで解説していきます。

映画「激突」ネタバレその1:スティーヴン・スピルバーグ監督「ジョーズ」へ

映画「激突」ネタバレその1は、スティーヴン・スピルバーグ監督の長編デビュー作であり、そのキャリアに大きく影響を残していることです。

スティーヴン・スピルバーグは映画専攻の大学生であったころ、ユニバーサルに出入りし、短編映画「アンブリン」が評価されて同社と契約を結びました。

テレビ映画「激突」は同社のもとで制作されました。スピルバーグ監督は面識のなかった原作者のリチャード・マシスンに電話をかけて自分を売り込み、監督の許可を得ました。

作品が高く評価されてスピルバーグ監督は映画界へ進出していきます。

スティーヴン・スピルバーグは1975年公開の映画「ジョーズ」を監督し、ハリウッドの大物監督の一人となりました。

「激突」に登場する不気味なタンクローリーは、ジョーズへと繋がっていきます。ジョーズが死ぬ場面では、タンクローリーが崩壊する場面と同じ恐竜の鳴き声が使われています。

映画「激突」ネタバレその2:新たに追加されたシーン

映画「激突」ネタバレその2は、新たに追加されたシーンについてです。

オリジナルのテレビ映画版の長さは74分であり、新たにシーンを追加し90分として劇場公開されました。

新たに追加されたのは、踏み切り、スクールバス、電話ボックスのシーンです。またオープニングが長くなり、罵り言葉も多くなっています。

映画「激突」ネタバレその3:プリムス・ヴァリアント vs ピータービルト281

映画「激突」ネタバレその3は、登場する車についてです。

この映画は車同士の戦いと言ってもいい作品です。

主人公の車はプリムス・ヴァリアントで、1960年から1976年にかけてクライスラーで生産された車です。クライスラーのエントリーモデルとして世界的に人気となりました。

劇場版では1970、1971、1972年モデルが使用されています。

タンクローリーは、アメリカ・テキサス州に本社がある大手トラック会社ピータービルトのモデル281です。

映画「激突」ネタバレその4:現在も残っているロケ地

映画「激突」ネタバレその4は、ロケ地についてです。

ほとんどは、カリフォルニアのキャニオン郡、アグア・ダルシー、アクトンで撮影されました。

フィグエロア・ストリート・トンネルや踏み切り、チャックズ・カフェの建物は実在しています。

映画「激突」ネタバレその5:黒澤明監督「野良犬」からの引用

映画「激突」ネタバレその5は、黒澤明からの引用についてです。

スピルバーグ監督が黒澤明を尊敬し、多大な影響を受けていたことはよく知られています。

この映画「激突」では、黒澤明監督「野良犬」を引用したシーンがあります。

主人公がタンクローリーに追われて、逃げるように入ったカフェでのシーンです。

主人公がトイレで顔を洗って出てきて、窓の外を見ると、駐車場にタンクローリーが停まっているのを発見します。

運転席には誰もおらず、主人公は運転手がカフェの客のなかにいると思い、探そうとします。

映画「野良犬」では三船敏郎演じる主人公・村上刑事が、犯人が駅の待合室にいることを突き止め、自問自答しながら客のなかから犯人を見つけます。

「激突」の方では、主人公は、運転手がカーボーイブーツを履いているということくらいしか手掛かりがなく、人違いをしてしまいます。

映画「激突」ネタバレその6:ラストは正面から対決

映画「激突」ネタバレその6は、ラストの対決シーンについてです。

究極のネタバレになりますが、道の行き止まりまで追い込まれた主人公は、タンクローリーと正面から対決するしかないと覚悟を決めます。

主人公のヴァリアントは正面からタンクローリーに向かっていき、衝突直前で主人公は車から脱出します。

このシーンは後世の作品に多くの影響を与えたことでしょう。

映画「激突」ネタバレその7:影響を与えた作品

映画「激突」ネタバレその7は、影響を与えた作品についてです。

本作におけるトラックの描写は、ゲームや映画、テレビ、本など多くの作品に影響を与え、様々なかたちで引用がなされています。

例えば、1978年公開の映画「ルパン三世 ルパンVS複製人間」では、ルパン一味が乗るミニが巨大トラックに追いかけられるシーンがありますが、本作のパロディとなっています。

また本作以後、「サブウェイ123 激突」 (2009年)など邦題に「激突」を含む作品が多く出されています。

まとめ

以上、映画「激突」についてネタバレありで解説してきました。

1971年の作品ですが、シチュエーション・スリラーが好きな方ならきっと楽しめることと思います。ぜひ一度、ご鑑賞を!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ