石原裕次郎の曲は、恋の歌やハードボイルドな名曲が多いんです!

今は亡き昭和のスター石原裕次郎。彼は俳優としてだけでは無く、歌手としても有名です。特に団塊世代の方にはファンも多く、未だにカラオケで歌う人も多いとか。そんな石原裕次郎の歌う歌にはどのようなものがあるのでしょうか?こちらで特に人気の曲を集めてみました。

石原裕次郎の人気の歌と言えば「夜霧よ今夜も有難う」

石原裕次郎の名曲中の名曲と言えば「夜霧よ今夜も有難う」です。
出だしからムード漂う大人の雰囲気は、冒頭部分の歌詞にある「しのびあう恋」という言葉にピッタリです。

ゆったりしたジャジーな音楽は、多くの人に愛された歌ですね。

カラオケで歌いたい歌「銀座の恋の物語」

石原裕次郎のカラオケの定番デュエット曲と言えば「銀座の恋の物語」です。
石原裕次郎と牧村旬子が歌う銀座の夜の恋の話は、大人過ぎて少しドキドキしてしまいますね。

この歌はリリーズ以降、特に団塊の世代に人気の歌でカラオケブームが到来した日本でも良く歌われていた名曲です。

石原裕次郎が北海道の恋を歌った「恋の町札幌」

札幌時計台から始まった男女の恋愛を哀愁たっぷりに描いた名曲。
情景が良くわかる歌で、女性目線で描かれた歌詞が魅力的です。

石原裕次郎の伸びやかなサビが耳に残るこの曲は、いつまでも歌われる石原裕次郎の曲として人気があります。

大人の別れを歌った石原裕次郎の名曲「ブランデーグラス」

そんなにお酒が飲めないのに、思わず飲んでしまう女心。
石原裕次郎が歌う別れの歌は、悲しく切ない大人の恋愛の行方です。

この歌は男性に人気の曲で、石原裕次郎のイメージ通りのタイトルが印象的な歌ですね。
石原裕次郎の男性らしい曲は、永遠に人気がある名曲の1つです。

女性の影を探す歌「北の旅人」

昔愛した事がある女性を探しに釧路まで来たという、男性の心情を綴っている歌。
石原裕次郎が歌う曲には、どこか説得力があり男性のファンが多いのもわかります。

愛した女性を探して泣かせてやりたいという男らしい歌詞は、今も人気がある秘密。
時代が変わってもやはり優しい男性は変らず魅力的ですよね。

石原裕次郎主演の同名映画のテーマ曲「二人の世界」

1966年に公開された、石原裕次郎主演の映画「二人の世界」。
その同名タイトルのテーマ曲を歌ったのが、石原裕次郎でした。

ナイトクラブで過ごす一時の男女の時間を描いた歌詞が切なさを誘う曲。
歌詞にダンスという言葉が入る通り、曲調もルンバ風でステップを踏めそうなのが魅力です。

石原裕次郎の台詞が魅力的「嵐を呼ぶ男」

石原裕次郎の曲で特に男性に人気がある曲と言えば「嵐を呼ぶ男」では無いでしょうか?
1957年に公開された石原裕次郎の同名映画のテーマソングで、石原裕次郎にとっては最初にヒットした曲となりました。

この曲の合間に入る台詞が特徴で、この台詞を真似して話すのが流行っていたほど。
この映画と曲で、石原裕次郎の名は日本中に知れ渡りました。

男の生きざまを歌った歌「我が人生に悔いは無し」

石原裕次郎の男の生きざまを歌った感動曲と言えば「我が人生に悔いは無し」です。
恋の歌が多かった石原裕次郎ですが、タイトル通り自分の体一つで頑張って来た人が「我が人生に悔いは無し」と思える心情を歌っています。

この曲は団塊の世代で、特に高度経済成長期を支えた男性に人気がある曲。
まさに人生をやりきってきたという思いが、石原裕次郎が歌う歌詞とシンクロしているのでしょう。

リリース後映画化された「赤いハンカチ」

曲のリリースは1962年でしたが、1964年に同じタイトルの映画が公開されました。
もちろんこの曲が主題歌となり、石原裕次郎が主演を務めています。
日活のムードアクションと呼ばれる映画の代表作であり、石原裕次郎の人気を不動のものにしました。

浅丘ルリ子とのデュエットが印象的「夕陽の丘」

1964年に公開された石原裕次郎と浅丘ルリ子共演の「夕陽の丘」。
その映画の主題歌になったのが、映画のキャストがデュエットした「夕陽の丘」でした。

浅丘ルリ子の可愛らしい声と、石原裕次郎の男らしさが見事融合した楽曲で今だに人気があります。

昔馴染を待っている男を歌った「俺は待ってるぜ」

石原裕次郎が歌った、故郷で昔馴染を待っている男性の心理を描いた歌。
海を渡ったきり連絡が無い人を思いまっているという気持ちを前面に出した歌詞には、共感する人も多かったのでは無いでしょうか。

男性の哀愁を歌った歌「錆びたナイフ」

1958年公開の日活ムードアクション映画「錆びたナイフ」で、主題歌となった同タイトルの名曲。

男性の心情を切なげに歌った歌詞が人気で、映画も曲も大ヒットとなりました。
石原裕次郎のダンディズムが良く出ている曲ですね。

石原裕次郎の歌は心に染みる

いかがでしたでしょうか?
石原裕次郎の歌う歌は男性の気持ちを綴ったものや恋の歌が多く、性別問わず人気がある理由がわかりますね。
今後も残したい名曲ばかりです。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ