演歌歌手北島三郎の弟子まとめ!!北島ファミリーの顔ぶれは?

日本を代表数する演歌界の大物である北島三郎さん。そんな北島三郎さんのお弟子さんたち、「北島ファミリー」にはどんな方がいらっしゃるか?今回は、北島三郎さんのお弟子さんにはどんな方がいるのかスポット当てて詳しく見ていきましょう!!

演歌界の大御所、北島三郎さんとは?

圧倒的知名度を誇る言わずと知れた演歌界の大御所、北島三郎さん。

NHKの年末恒例番組「紅白歌合戦」には史上初の50回出場するなど記録を持っています。そんな北島三郎さんですが、演歌界に数多くのお弟子さんを抱えている事でも有名です。

今回は北島三郎さんのお弟子さんにスポットを当てて詳しく見ていきましょう!

北島三郎さんのプロフィール

名前:北島三郎 (きたじま さぶろう)
出身地:北海道上磯郡知内村
生年月日:1936年10月4日
代表曲:「まつり」

北島三郎さんは1962年のデビューから演歌界を長きにわたり引っ張ってきた方ですね。2013年の紅白歌合戦では50回目の節目を迎えたことで紅白を引退を発表したことも話題になりました。

また、北島三郎さんは馬主としても有名で、菊花賞や天皇賞、ジャパンカップなど多くのレースを制してきたキタサンブラックや数多くの馬の馬主として有名です。

また、キタサンブラックが勝利したレースでは代表曲「まつり」を歌う姿もニュースなどで度々見られました。

北島ファミリーがある!?

演歌歌手の北島三郎さんといえば多くのお弟子さんがいらっしゃることをご存知でしょうか?

北島三郎さんのお弟子さんは通称「北島ファミリー」呼ばれており、その多くのお弟子さんが現在も演歌界でご活躍されています。

そんな演歌界でご活躍されている北島三郎さんのお弟子さんたちについて詳しく見ていきましょう!

北島三郎さんの弟子一覧!!

演歌界の大御所として長年ご活躍されている北島三郎さんのお弟子さんは数多く存在します。

そんな北島三郎さんのお弟子さんたちを1人ずつ詳しく見ていきましょう!

一番弟子、山本譲二

名前:山本譲二 (やまもと じょうじ)
出身地:山口県下関市
生年月日:1950年2月1日
代表曲:「みちのくひとり旅」

山本譲二さんは北島三郎さんの仕事場に何度も通いつめ頭を下げ続けようやくお弟子さんと認められたという過去があり、付き人を2年かつとめました。

その後1980年にリリースした「みちのくひとり旅」でブレイクしたそうです。

小金沢昇司

名前:小金沢昇司 (こがねさわ しょうじ)
出身地:神奈川県大和市
生年月日:1958年8月31日
代表曲:「おまえだけ」

北島三郎さんの付き人として下積み時代を重ねた後にデビューし、同じ弟子である山本譲二さんに「弟子の中で、一番怒られていたのが小金沢だった」と暴露されたこともあるそうです。

北山たけし

名前:北山たけし
出身地:福岡県柳川市
生年月日:1974年2月25日
代表曲:「男の出船」

2005年に紅白初出場を果たしてからは5年連続出場していました。2009年に北島三郎さんの次女と結婚したことでも話題になりましたね!

大江裕

名前:大江裕 (おおえ ゆたか)
出身地:大阪紅岸和田市
生年月日:1989年11月16日
代表曲:「のろま大将」

「さんまのSUPERからくりTV」のコーナー企画「全国かえうた甲子園」の大阪代表として出場したことがきっかけでお弟子さんとなりデビューした方です。

弟子が去っていく!?

多くの弟子が生まれた北島三郎さんですが、現在では北島三郎さんの事務所北島音楽事務所には5人程度しか所属していません。

事務所の後継者問題で娘婿に来ていた北山たけしさんが事実上事務所の後継者になったことで事務所を出ていきました。

かつて一番弟子と呼ばれた山本譲二さんや小金沢昇司さんも暖簾分けという形で現在では独立して個人事務所を設立しています。

まとめ

北島三郎さんのお弟子さんにスポットを当てて詳しく見ていきましたがいかがだったでしょうか?

流石は演歌界の大御所の北島三郎さんのだけあってお弟子さんがたくさんいらっしゃったんですね!

紅白の出場を引退したり、馬主をしているキタサンブラックが活躍したり色々と目が離せない演歌歌手北島三郎さんとお弟子さんたちに今後も注目です!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ