アニメ【AKIRA】ハリウッド進出なるか?ワイティティ監督と交渉中!

アニメ【AKIRA】の実写映画化でハリウッド進出が幾度となく報道されてきましたが、ことごとく企画中止、断念してきましたが今年「ワーナー・ブラザース社」が「ワイティティ監督」と交渉に入ったと発表!アニメ【AKIRA】のハリウッド進出はあるのか?

アニメ【AKIRA】とは?

原作【大友克洋】の漫画作品で1982年に「週刊ヤングマガジン」で連載される。その後、1988年に『劇場アニメ【AKIRAアキラ】』が東宝系映画館で公開された。1988年には「ファミコン」用ソフト【AKIRA】、2000年に「PlayStation2」用ソフト【AKIRA PSYCHO BALL】がそれぞれ販売された。

『劇場アニメ【AKIRA】』は1988年に日本公開後、1989年にアメリカで上映され、更に1991年にイギリス、フランス、ドイツの三カ国で上映され、1992年には香港、オランダ、の二カ国で上映され、2006年にはハンガリーで上映されるなど世界的に高評価のアニメーション映画。

アニメ【AKIRA】あらすじ

アニメ【AKIRA】予告編

1982年、日本東京に新型爆弾で攻撃され、東京は壊滅的状況に陥った。これが原因となり第三次世界大戦が始まる。長く続いた、2019年に第三次世界大戦はようやく終戦となり東京湾上に新首都を建設し、ネオ東京の建設復興に向かっていくのだが、戦後の混乱が続き、反政府組織と警察の対立、ゲリラと軍との内戦が続く混乱ぶりであった。旧首都、東京も2020年東京オリンピックを機に再開発が始まろうとしていた。

ネオ東京と旧首都東京を繋ぐ幹線道路には、アニメ【AKIRA】の主人公「金田正太郎」は自身がリーダーの暴走族の仲間と暴走行為を繰り返していた。新型兵器の落ちた場所で「金田正太郎」は反政府ゲリラに軍の超能力研究機関から拉致された超能力者の「タカシ」と出会う。

暴走族の抗争は軍の介入によって終結を迎える。「金田正太郎」たちは軍の研究機関に連行される。研究機関には超能力研究が行われており、トップシークレットで行われた研究で子供たちを超能力者に育て上げた結果、子供たちはまるで老人のような顔をしていたのだった・・・

アニメ【AKIRA】ハリウッド進出話

少しグロいとこもある『アニメ【AKIRA】』ですが、アメリカでの人気は高くこれまでに何回も実写ハリウッド映画の話しが出ては立ち消えになっていました。

2008年に「レオナルド・ディカプリオ」の製作会社「アッピアン・ウェイ」が映画化権利を獲得。「ワーナー・ブラザース」からの配給で話しが進むも企画制作で思うようにいかず断念。2016年4月には「ジョーダン・ピール監督」がアニメ【AKIRA】の監督に名乗りを上げるが交渉が決裂しています。

幾度となく『アニメ【AKIRA】』のハリウッド映画進出の話しが出ては企画段階で決裂しています。以前には『ギャレット・ヘドランド』主演に抜擢し『渡辺謙さん』と出演交渉してると発表されたが断念しています。

アニメ【AKIRA】OP

アニメ【AKIRA】ハリウッド実写版映画にタイカ・ワイティティ監督

今回『ワーナー・ブラザース』が交渉に入った「タイカ・ワイティティさん」は、日本ではあまり馴染みがないと思いますが、ディズニー映画【モアナと伝説の海】で脚本、映画【マイティ・ソー:ラグナロク】で監督を務め、母国ニュージーランドで【シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア】で監督を務め人気となった気鋭の監督です。

アニメ【AKIRA】の実写版映画をハリウッドで上映すべく長年にわたり模索しているアメリカの映画製作会社『ワーナー・ブラザース』が「タイカ・ワイティティ監督」と交渉中であることを今年発表しました。

アニメ【AKIRA】PV

アニメ【AKIRA】ハリウッド進出のまとめ

2008年にアニメ【AKIRA】をハリウッド映画にするために「ワーナー・ブラザース」が実写映画化するために幾度となく、企画してきたがすべて途中で断念してきています。ただ、「ワーナー・ブラザース」は諦めることなく、何度も企画立案をして何とかアニメ【AKIRA】を実写映画化するために翻弄しています。その熱意には頭が下がります。

「タイカ・ワイティティ監督」との交渉が始まり今度こそ『アニメ【AKIRA】』の実写映画化はあるのか?期待ですね!ハリウッド進出を心待ちにしてます!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ