ハリウッド進出!?バイオハザードに出演していたローラさんの活躍。

日本でも大々的に宣伝されていたローラさんの『バイオハザード ザ・ファイナル』への出演。ハリウッド進出ということでどんな役なのか、結構出ているのでは?と気になる方も多かったはず。『バイオハザード ザ・ファイナル』でのローラさんの活躍をご紹介します♪

映画”バイオハザード”について簡単に説明すると…

アンブレラ社の開発したT-ウィルスにより生み出されたクリーチャーやウイルスに感染したゾンビと、同じく実験により超人的な戦闘能力や超能力を得た主人公『アリス』とその仲間(奇跡的にウイルスに感染せず生き残った生存者達)の戦いを描いた物語です。

クリーチャーやゾンビだけでなく、アンブレラ社の人間とも戦います。

本当にざっくり説明するとそんな感じです。

『バイオハザード ザ・ファイナル』の主な出演者達

アリス/ミラ・ジョヴォヴィッチ(バイオハザードの主人公)

アンブレラ社の元特殊工作員で「アリス計画」でT-ウイルスを投与され超人的な身体能力と超能力を得て、世界を救うべくクリーチャーやゾンビ達と戦う。

クレア/アリ・ラーター(バイオハザードシリーズにおける戦友)

アリスの隣の女性

これまでアリスと共に戦ってきた。
シリーズ中、アンブレラ社の部隊に捕まるが逃げ出した。
その後はレジスタンスのドクらとともに戦っていたところ、アリスと再会し共に行動する。

ウェスカー/ショーン・ロバーツ(バイオハザードシリーズにおける敵)

常にサングラス!

アンブレラ社の幹部。
彼もT-ウイルスによって超人的な身体能力を得たが、上手く適合していない。
本作では何度かアリスと戦ってきた敵である。

アイザックス博士/イアン・グレン(バイオハザードシリーズにおける敵)

イアン・グレンさん

『バイオハザード』シリーズの黒幕であり、アンブレラ社の創始者の中の一人。
彼には複数のクローンがいる。

ローラさんのプロフィールも改めてご紹介!

ローラさんは1990年3月30日生まれの27歳。
バングラデシュや日本・ロシアの血を受け継ぐクォーター。
東京出身で身長は165cm。
(小顔で手足も長くスタイルが良いのでもっとありそうに見えますね。)

最近では海外での活動もしていますが、活動の場はおもに日本。
バラエティやCMに出演したり、ファッションモデルとして活躍しています。
過去には歌手デビューも果たしています。

芸能活動を始めた当初はモデル活動が主な活動でした。
2007年から雑誌『Popteen〔ポップティーン〕』にて読者モデルとして活動し、2008年には雑誌『ViVi』の専属モデルに。
その後は『東京ガールズコレクション』をはじめ、複数のランウェイイベントへ出演します。

お酒のCMにも出ていますよ。

そして、バラエティ番組にも出演するように。
バラエティ番組で披露するポーズ(人差し指と親指でマルを作り、頬に当て「オッケー!」と言うポーズ)がトレードマークに。
※このポーズがたこ焼きのようで、”築地銀だこ”のイメージキャラクターにも起用されました。
その他にもローラさんは、下着ブランドや化粧品ブランドのイメージモデルも務め、様々なCMに出演します。

ローラさんはカラコンもプロデュースしました♪

ローラさんはどんな経緯で『バイオハザード』出演に至った?

こうして見ると普段のローラさんですね。

『バイオハザード』の関係者からオファーがあったのか、それともオーディションを受けたのか。
なぜ出演に至ったのか気になりますよね。

ローラさんに出演のオファーがあったわけではなく、『バイオハザードVI』のオーディションを受けたようです。
そこで合格になり、”女戦士 コバルト”役で出演することになったというわけですね。
映画製作プロデューサーもローラさんを起用した理由について以下のように語っています。

映画製作プロデューサーは「彼女は、驚くべき美貌と人を惹きつける強烈な個性、強い意志をもった女性。
今回のコバルトは彼女が適役でした」と起用理由を明かしている。

出典:https://www.oricon.co.jp

すごいメンバーの中にローラさんが…!

ローラさん自身も『バイオハザード ザ・ファイナル』のために、英語や演技の勉強をしたりとかなり努力されていたようですから、出演が決まった時は嬉しかったでしょうね。

『バイオハザード ザ・ファイナル』撮影中の様子はこんな感じでした♪

『バイオハザード ザ・ファイナル』撮影時の一コマです。
ローラさんが楽しそうな写真をアップしてくれていましたのでご紹介します♪

皆さん、オーラがすごい…!
そこにいるローラさんも存在感がありますよね。

『バイオハザード』シリーズで主演を務めるミラ・ジョヴォヴィッチさんらと!

皆さん、すごく良い笑顔ですよね♪
この時はどんなお話をしていたのでしょうか。

『バイオハザード ザ・ファイナル』ローラさん出演シーンって?

先ほども少しご紹介しましたが、ローラさんは『バイオハザード ザ・ファイナル』にて”女戦士 コバルト”の役で出演していました。

『ローラさんのハリウッド進出!』と当時、日本では大々的に報道・宣伝していましたが、どの程度出演していたのかどんなセリフがあったのか…ご紹介したいと思います。

ローラさんの『バイオハザード ザ・ファイナル』におけるセリフと出演時間!

ローラさんの出演シーン

「撃つよ。」
「どうする?」

…この二言でした。
大々的に宣伝していた割には少ない…と思った方や拍子抜けした方も多いかと思います。

でも、『バイオハザード』シリーズの主人公はあくまでアリス。
最終章は約1時間45分程度でまとめられており、この中でアリス誕生の秘密も明かされる。
世界を救わなくてはならない。
あまり他のキャラクターにフォーカスしている時間はないのです…。

ということで、ローラさんの『バイオハザード ザ・ファイナル』出演シーンは約5分程度でした。
もしかしたら5分もなかったかもしれません。

ファンとしてはどう捉えるべきか。
”ハリウッド進出おめでとう!””大好きなローラが少しでも見られて良かった!”
”予告編での出演シーンくらいしかなくて残念だった””あまりにも出番が少なすぎる”
色々な意見があると思います。

バイオハザードとローラさんについてまとめてみました♪

結果的にちょい役ではありましたが、世界的大人気シリーズ『バイオハザード』に出演し、主人公と共闘する…というのはすごいことですよね。
その後、日本ではローラさんの露出は少なくなっていますが今後、活躍の場を海外に移していくのでしょうか。
ローラさんの今後の方向性も気になるところですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ