ビリギャル本のネタバレ!映画にもなった原作のあらすじ一挙公開!

偏差値40だった名古屋の女子高生の2年生ビリギャルさやかが、みごと慶應義塾大学に現役合格するというヒューマンドラマがベストセラー本となり、映画化され話題を呼びました。今回はその「ビリギャル」の本のネタバレ寸前でご紹介していきます!

ベストセラー本「ビリギャル」の内容やネタバレをご紹介!!

2014年のベストセラーとなった「ビリギャル」の本が、映画化されると話題を呼び一躍有名となりました。

ビリギャルとして有名となりましたが、実は「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」というのが、正式な本の題名なことは、実はあまり知られていないかもしれません。

全く好成績が取れなく落ちこぼれだった少女が、偏差値70もの好成績をとれるようになったのか知りたいですよね!

ビリギャルさやかの最後まで諦めなかった気持ちが、すべてを変えた感動のヒューマンドラマ本!

その内容をご紹介していきます。

ビリギャルの本の主人公「さやか」とはどんな人物なのでしょうか?

小さい頃から、周りと自分の温度差を感じてしまう、感受性の強い女の子ビリギャルさやかでしたが、徐々にその思いは強くなり、両親の不仲も手伝って不良の道へと進んで行ってしまいます。

また、幼い頃から中学生の制服を見て憧れていたおませな一面もあり、高校2年生で所持していたタバコが見つかり停学処分を受けてしまいます。

しかし、心のどこかでこのままの自分では何も変われないという不安感だけが残ったまま、高校へと進学していきます。

人と同じ道に進んでいることに違和感を感じるビリギャルさやかは、誰よりも敏感に世間を感じていたことを表現している本となっています。

ビリギャルが変貌を遂げるきっかけとは?1人の男性にカギが!?

ビリギャルな自分でも、真剣に向き合ってくれる先生や友達に出会うことで、次第に自分のするべきことがわかり始める中、同じ塾に通っていた弁護士志願の「れいじ」に感化され、猛烈な勢いで成績を上げていくようになりました。

れいじの存在は大きく、今までにない感情を持っていることに気づくビリギャルさやかの心境は、人生を大きく動かしてくれるキッカケとなったことでしょう!

恋愛という簡単な言葉ではなく、まだ高校生という年代なのに将来を考えて、一緒に上り詰めていこうとする姿に感銘を受けるはずです。

まだ高校生という幼い2人なのに、自分の将来のために一生懸命に励ましながら勉強に励み、成績を収めていくことは、人々の心に大きな影響を与えてくれました。

原作本では、密に描かれたロマンティックな恋愛表現も見どころとなります。

ビリギャルの本の結末とは?努力の先に見えるヒューマンドラマ!

高校2年生の夏に猛烈に勉強を始めたことで、すごい勢いで成績を上げていき、学校がその速さについていけないと実感したさやかは、独自で勉強を進めていきました。

その姿を見た友人は、ビリギャルさやかを応援するようになり、人間関係も充実するようになりました。

猛勉強の成果は、慶応大学総合政策学部、明治、関西学院大学の合格という結果となり、人生を大きく変えた瞬間が濃密に描かれた本となっています。

原作本では、細やかな人物の気持ちに変化も感じとられるので、映画よりも本がいいという声もあるようです。

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 PV

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を集約したPVをご紹介!大まかなあらすじが分ります!

ビリギャルの本の知られていない裏話!実はこうだったのエピソード編!

実は、本の表紙となっている女子高生がご本人ではなく、モデルをされている石川恋さんということは、実はあまり知られていない話かもしれません。

映画では、有村架純さんが主演していることから、ちょっと混同しますよね。

金髪の女子高生という主人公を演じる有村架純さんは、今までのような清純派の役ではないことで、意外性ということでも話題を呼びました。

誰もが一度は通る「反抗期」ですが、ビリギャルさやかは、前進する力が強く成功を成し遂げたという実績が、人の心を動かしたようです。

ビリギャル本のまとめ

原作本「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」略して「ビリギャル」の中では、誰でも頑張って勉強すれば現役で有名大学に合格する!といった簡単な内容ではなく、人の心が豊になっていくヒューマンストーリーを感じる物語に仕上がっています。

ビリギャルというレッテルを張られても、人との出会いで人生を大きく動かしていく姿が感動を呼びました。

実際に、原作が映画化されると、内容が異なりすぎて違和感を感じるといったコメントを良く目にしますが、この「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」では、その期待を裏切らない仕上がりになっているとも言われています。

ぜひ、原作本を一度手に取ってから、映画を見るとまた一味違った楽しみ方ができるかもしれませんね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ