最初に観るなら絶対これ!トム・クルーズ主演のオススメ映画

ここ20年、映画俳優として不動の人気を誇ってきたハリウッドスターのトム・クルーズ。未だバリバリの現役として活躍中の彼は、現在も意欲的に映画製作に関わっています。こちらでは、トム・クルーズ映画人気ランキングに必ずと言って良いほどランクインする名作をご紹介します。

日本でも大人気映画「ラストサムライ」

舞台は明治維新直後の日本。
新政府の樹立を目指し侍社会を断絶しようとした日本政府から、戦闘指導のために呼ばれた南北戦争の英雄・ネイサンを演じたトム・クルーズ。
日本での指導の途中に偶然出会った侍の男に影響され、侍魂に目覚めていくという難しい役柄を見事に演じました。
最後の闘いのシーンはまさに歴史スペクタル。
日本人の難しい精神世界を世界に広めたことで話題になりましたね。

M:Iシリーズはトム・クルーズの代表作

この映画はまさにトム・クルーズの代表作と言っても過言ではありません。
アメリカのスパイ組織「IMF」のエージェントを描いた人気アクションシリーズで、主役のイーサン・ハントをトム・クルーズが演じました。
劇中にかかる音楽とアクションが人気で、2018年公開予定を含めるとシリーズは遂に6作品目。
どんなに人気かわかりますね。
スパイを演じるトム・クルーズのアクションは本当に躍動感があり、オススメです。

トム・クルーズが宇宙人と闘った映画「宇宙戦争」

2005年の映画公開当時、トム・クルーズが父親役を演じるということだけで話題になりました。
そしてさらに注目されたのは宇宙人と闘うという内容。
今まで彼は現実的な役柄を演じることが多く、SFのイメージが全く無かったので驚いた人も多かったのではないでしょうか。
地球を侵略しようとしている宇宙人から、子供2人を守り抜こうとするその姿は格好良く観る価値ありです。

この映画を観なきゃ始まらない!「トップガン」

この映画を一言で表現すると「男の浪漫」です。
1986年公開の本作品は、エリート戦闘機パイロットを養成するトップガンを舞台に教官との恋愛やライバルとの闘い、そして仲間の死など男のロマン全てを兼ね揃えた格好良すぎる映画です。
主題歌も一躍ヒット。
2017年現在、続編のトップガンマーベリックが製作されるという情報に注目が集まっています。

思わずバーに行きたくなる!「カクテル」

就活が難航し、ふと目に入ったバーでバーテンダーとして働き出したブライアン。
素人だった彼は腕を磨き、やがて店を持つ夢を持ち始めました。
しかし現実は一筋縄ではいかず、恋愛も仕事も友人関係も四苦八苦。
そんな中でも希望を捨てずに夢を持った青年の青春映画です。
主人公のブライアンを演じたトム・クルーズが爽やかで素敵。
そして何よりカクテルパフォーマンスが魅力的で、思わずカクテルを作りたくなるかも!?

こんなシリアスなトム・クルーズ見たこと無い!「コラテラル」

トム・クルーズの魅力はなんと言っても笑顔です。
ですがこの映画ではそれを封印、殺し屋役を熱演したトム・クルーズ。
頭を白銀に染め、スーツを着用した出で立ちはまさに危険な男そのものです。
映像自体もスタイリッシュで、観ていて最後までハラハラしっぱなしのサスペンス映画。
トム・クルーズの新境地開拓です。

近未来SFで極上のサスペンス!「マイノリティー・リポート」

西暦2054年が舞台の映画。
犯罪予知システムにより殺人を未然に防ぐことが出来るようになった世界で、トム・クルーズ演じるジョンという犯罪取り締まり担当チーフが逆に犯罪者として予知され、追われる身になってしまうというサスペンスストーリーです。
完全にSF要素だけで構成された映画という訳では無く、現代のシステムをそのまま取り入れリアルさを追求しているのが魅力。
ジョンの行く末はどうなっていくのか。
最後まで目が離せない極上のサスペンスです。

元夫婦で演じたエロティック難解映画!「アイズ・ワイド・シャット」

巨匠スタンリー・キューブリック監督の遺作でもある本作品。
トム・クルーズ演じるNYで開業医として働く幸せな男ビルは、突然妻から浮気を告白され動揺します。
そして路頭に迷ったビルは、不思議な官能の世界へと足を踏み入れることに。
この映画の注目すべきポイントは、元夫婦のトム・クルーズとニコール・キッドマンが共演していること。
官能シーンも夫婦ならではの息の合い方です。
この映画の撮影終了後、人は離婚しましたが、本当にお似合いの2人なのでオススメです。

こんなに色っぽいトム・クルーズ見たこと無い!「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」

1994年公開のヴァンパイア映画です。
誇り高きヴァンパイア・レタストを演じたトム・クルーズ。
孤独に苛まれる中、感情と欲望のコントロールを失うヴァンパイア3人を描いたサスペンスです。
役柄の為、かなり身体を細身にしたのでしょうか。
男性なのに美しいという表現が似合う、素敵な姿でした。
共演は若かりしブラッド・ピット。
内容もさることながら、中世の衣装やメイクが綺麗で注目です。

知的なトム・クルーズ確立!ザ・ファーム/法律事務所

1993年公開の法律家サスペンス映画。
トム・クルーズ扮する優秀なロースクールの学生が、ヘッドハンティングされた就職先である法律事務所で巻き起こる不可解な事件に巻き込まれていくという内容です。
法律家として、危ない橋を渡りながら危険をかわしていくその姿がまさに知的。
真面目で男っぽいトム・クルーズに出会えます。

トム・クルーズの映画はやっぱり最高

いかがでしたか?
ご覧になった方は未鑑賞のものを、そうでないはお気に入りを探して是非トム・クルーズ映画を楽しんで下さい。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ