ドラマ『SUITS/スーツ』が面白いと話題!おさえておきたい6つのこと

海外ドラマ『SUITS/スーツ』をご存知ですか?ニューヨークの法律事務所を舞台にしたドラマなのですが、これが面白いと全米のみならず、日本でも話題沸騰中なのです。今回は、『SUITS/スーツ』のあらすじから、ドラマの魅力までたっぷりとご紹介します!!

①ドラマ『SUITS/スーツ』とは?

2011年よりアメリカで放送されているドラマ。
ニューヨーク・マンハッタンの大手法律事務所を舞台に、エリート敏腕弁護士たちが活躍するスタイリッシュ・サクセスストーリー。2017年現在アメリカではシーズン7まで放送中です。ストーリーもさることながら、主題歌もかっこいいのがドラマの魅力のひとつです。

ドラマ『SUITS/スーツ』主題歌

②ドラマ『SUITS/スーツ』のあらすじ

大手法律事務所『ピアソン・ハードマン』で働くエリート弁護士「ハーヴィー・スペクター」は、シニア・パートナーに昇格することと引き換えにアソシエイトを雇うことになる。
天才的な頭脳と完全記憶力を持つ青年「マイク・ロス」は、唯一の肉親である祖母の入院費を稼ぐため、マリファナの運び屋まがいの仕事を引き受けたが、警察の罠であることをいちはやく見抜き逃亡する。偶然ハーヴィーの面接会場へと逃げ込んでしまったマイクは、ひょんなことから面接を受け、あろうことか採用されてしまう。しかし『ピアソン・ハードマン』では、ハーバード大学のロースクール出身者しか採用しない伝統があり、マイクは大学中退で弁護士の資格すら持っていなかった。
ハーヴィーはマイクの経歴を詐称することを提案して事務所に入れさせようとするが・・・

③ドラマ『SUITS/スーツ』の主要キャスト

ハーヴィー・スペクター

法律事務所『ピアソン・ハードマン』のから草創期を支えている。自他ともに認める所長「ジェシカ・ピアソン」の右腕的存在で、非常に優秀だが、強引かつ違法ギリギリの手段を使って訴訟に挑む姿は、同業者からも嫌われている。
女性にモテるプレイボーイだが、母親の不倫が原因で浮気や不倫に対しては、強い嫌悪感を抱く。マイクの秘密を作り出した張本人。

マイク・ロス

幼いころ、両親を事故で亡くしてからは祖母が唯一の肉親。
弁護士を目指して大学に通っていたが、替え玉受験のバイトがバレてしまい、退学処分となってしまう。それからは、見たもの全てを記憶できる力を活かし、試験の代行など違法行為で生活費を稼いでいた。
『ピアソン・ハードマン』に入ってからは、ハーヴィーの右腕として活躍する。

ルイス・リット

『ピアソン・ハードマン』に勤めるパートナー弁護士。
金融・財務関連の弁護が得意で、その手腕はハーヴィーをも上回る。
事務所のアソシエイトたちの採用兼教育係で、厳しい教育方針にはマイク含めアソシエイトからは快く思われていない。猫とバレエをこよなく愛し、涙もろい一面もある。
ハーヴィーに対して強いライバル意識があり、ことあるごとに衝突している。

ジェシカ・ピアソン

『ピアソン・ハードマン』の所長。常に冷静沈着で、確かな判断力と才能によって、ニューヨークいちの事務所を築いた。
ハーヴィーを一流弁護士に育てた功労者でもあり、彼のよき理解者でもある。

レイチェル・ゼイン

『ピアソン・ハードマン』のパラリーガル。
父親も弁護士であるが、周りには口外していない。優秀で弁護士志望だが、ロースクールの試験に合格する自信がないため、多忙なことを理由に受験を先延ばしにしていた。
マイクが事務所に入ってから、仕事の相談相手となっている。

ドナ・ポールセン

ハーヴィーの秘書で、彼とは検事時代からの付き合い。
衝突しがちなマイクとハーヴィーの間にいつも割って入る潤滑油的な存在。
頭の回転が早く、事務所の誰もが彼女に一目置いている。マイクの秘密を知る、数少ない人物のひとり。

ドラマ『SUITS/スーツ』では、ハーヴィーやマイクなど主要6人を軸に物語は展開していきますが、この6人に依頼人や同業者、家族など周辺の人物たちがドラマに花を添えています。意外に登場人物が多いので、まずはこの主要キャスト6人を覚えておいてください。

④ドラマ『SUITS/スーツ』はファッションが素敵!!

ファッショナブルな衣装にも注目

『SUITS/スーツ』というドラマタイトルから、キャストのスーツの着こなしにも注目が集まっています。
ハーヴィーが主に着ているのは『トム・フォード』というブランドのオーダーメイドスーツで、3ピーススタイル。アメリカでは彼の着こなし方を真似している人が多いそうです。

注目は男性陣だけじゃない!

スーツばかりに目がいってしまいますが、このドラマのもうひとつの魅力は、女性陣のファッション。
注目のひとりである事務所所長「ジェシカ・ピアソン」は、スーツでびしっと決め、まさにニューヨークで成功した大人の女性のお手本となっています。

ファッションチェックが楽しみという人も

ストーリーもさることながら、女性陣のファッションのチェックが楽しみ!という方も多いようです。
若くてスタイル抜群のパラリーガル「レイチェル・ゼイン」は、健康的でセクシーなオフィススタイル。シャツ・ニット・スカートが基本スタイルなので、若い女性のお手本となっています。

トレンドもしっかり取り入れたスタイル

エレガントさを忘れない中にも、しっかりとトレンドも織り交ぜているのが、このドラマのセンスの良いところ。
ハーヴィーの秘書「ドナ・ポールセン」は、落ち着きのあるスーツスタイルがメインですが、華やかさも忘れない秘書スタイルが注目ポイント。優秀な秘書として活躍する「ドナ」にピッタリのファッションです。

⑤ドラマ『SUITS/スーツ』の裏話

原作ではジェシカは男だった!?

敏腕弁護士で法律事務所所長「ジェシカ・ピアソン 」ですが、実は原作では男性の予定だったそうです。
しかし、放送局などのアドバイスによって性別を女性にしたそうです。
もし原作のままだったら、ジェシカの素敵なスーツスタイルを見ることはなかったかもしれません。

オフィスから見える景色は偽物!?

マンハッタンを一望できる場所にあるハーヴィーたちの事務所。
実は、ここから見える景色は本物ではなく、景観を映したカーテンがひかれているそうなのです!いいところで撮影しているなと思っていたあなたは、すでに騙されていますよ。

ルイスの謎の秘書

「ルイス・リット」には秘書のノーマという女性がいます。
しかし、ノーマはドラマにおいて1回も登場していません。ルイスがノーマに指示を出すときは、かならずテープレコーダーに録音をしています。視聴者も名前だけは知っていますが、どんな女性なのか想像するしかありません。
実は、これには元ネタがあり、1990年に放送された『ツイン・ピークス』の主人公でありFBI捜査官「デイル・クーパー」は、常に携帯しているテープレコーダーに事件の調査内容を吹き込むのですが、録音するとき決まって秘書の「ダイアン」の名前から始めます。そして、ダイアンは一度もドラマには登場しません。

メーガンの彼氏はあの国の王子様!?

「レイチェル・ゼイン」を演じている「 メーガン・マークル」
2017年に入って、一気に彼女の注目度が上がっています。それは、彼女が現在付き合っている相手が、なんと英国王室のヘンリー王子だからです!!
婚約報道も飛び交い、結婚は秒読みか!?と言われていますが、現在のところメーガンは『SUITS/スーツ』を降板する予定はないようなので、それはもう少し先のようです。

⑥ドラマ『SUITS/スーツ』今後の放送予定は?

最新作は2018年放送予定

日本ではシーズン6まで放送されており、最新作のシーズン7は2018年放送予定です。
BSテレビ『Dlife』や『WOWOW』で放送されているのみで、地上波の放送がされていないのが残念です。現在、シーズン5までDVDが発売されているので、見ていない人はそちらをチェックしてみてください。

ドラマ『SUITS/スーツ』が見たい!!

ドラマ『SUITS/スーツ』予告

これほど魅力的なドラマが未だかつてあったでしょうか?
法廷ドラマは固いという常識を根底から覆した、スタイリッシュなドラマを、この機会にぜひチェックしてみてください。
あなたも絶対、ハマること間違いなしです!!

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ