“あまロス”から3年。みんな大好き『あまちゃん』の歌を振り返ろう

2013年に空前の大ヒットを記録した、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』。あまロス症候群という言葉が作られるほどブームになった『あまちゃん』は、歌なしでは語れないほど、素敵な歌をたくさん生み出しています。そこで今回は、『あまちゃん』の歌に再注目してみました。

あまちゃんスペシャル・ビッグバンドまで誕生した、ドラマ『あまちゃん』


ドラマ『あまちゃん』を振り返る時、ドラマの名シーンとともに語らずにはいられないのが、数々の演出を見事に彩った歌たち。


200曲を超える音楽が制作されたドラマ『あまちゃん』の歌の中には、「第55回日本レコード大賞」作曲賞を受賞した曲もあります。

制作された曲の数にも驚きますが、作曲賞の受賞も素晴らしいですね。

そんな名歌に彩られたドラマ『あまちゃん』と、歌について紹介していきます。

名歌ばかりのドラマ『あまちゃん』とは?

あまちゃん


2013年上半期に放送された、NHK連続テレビ小説「第88シリーズ」の人情喜劇ドラマ。「じぇじぇじぇ」の流行語を生んだり、平均視聴率が20.6%を記録するなど、『あまちゃん』ブームが巻き起こりました。

ドラマ『あまちゃん』のあらすじ

東京で引きこもりがちだった高校生のアキが、母に連れられ北三陸で現役の海女を続ける祖母と出会ったことをきっかけに、最北端の海で海女になることを決意、そして母の憧れだったアイドル歌手も目指し奮闘する物語。

ドラマ『あまちゃん』の人気を支えた、重要な要素の1つである脚本を担当したのは?

宮藤官九郎(くどう かんくろう)


映画 『GO』、『舞妓Haaaan!!!』、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』、『木更津キャッツアイ』などを手がけた売れっ子脚本家の宮藤官九郎さん。ドラマ『あまちゃん』では、小ネタを混ぜた軽快なテンポで進む脚本が、高く評価されていましたね。

個性的な登場人物も魅力的だった、ドラマ『あまちゃん』の主な出演者は?


のん(能年玲奈)さん、小泉今日子さん、宮本信子さん、橋本愛さん、小池徹平さん、渡辺えりさん、杉本哲太さん、福士蒼汰さん、薬師丸ひろ子さん、松田龍平さん、古田新太さん、松岡茉優さんなど、ドラマ『あまちゃん』には豪華で個性的なキャスト陣がたくさん出演されていました。

個性的な登場人物におもしろい脚本、一大ブームになるのも納得の人気ドラマでしたね。

続いて、ドラマ『あまちゃん』の歌を振り返っていきましょう。

『あまちゃん』の歌といえば、やっぱりこの曲!

テーマ曲


ドラマ『あまちゃん』を録画して観ていた人たちも、オープニングは絶対とばさないと言われたほど、人気の高い曲。

ドラマ『あまちゃん』のテーマ曲を作曲した人は?

大友良英(おおとも よしひで)


ドラマ『あまちゃん』のテーマ曲を初めとする劇伴を担当されたのは、ギタリスト・ターンテーブル奏者・作曲家などの顔をもつ大友良英さんです。


大友良英さんが作曲したドラマ『あまちゃん』のテーマ曲や劇伴は、大友良英さんを中心に結成された「あまちゃんスペシャル・ビッグバンド」によって演奏されました。

それでは早速、「あまちゃんスペシャル・ビッグバンド」が演奏するテーマ曲を聴いてみましょう。

ドラマ『あまちゃん』テーマ曲

老若男女に愛されつづけている『あまちゃん』のテーマ曲。聴くだけで元気がでるので、毎朝聴きたくなりますね。

ドラマ『あまちゃん』のテーマ曲に対する世間の反応は?

キャッチーなトコが最高!

あまちゃんがまた見たい。本当に元気が出る曲

なんかワクワクしてくるw楽しい♪

出典:https://www.youtube.com

この軽快なテンポを、気に入っている人たちが多いようです。

“あまロス”ファンが愛して止まない『あまちゃん』の名歌がこの歌!

潮騒のメモリー


ドラマ『あまちゃん』の歌の中で、テーマ曲と人気を二分しているのが、「潮騒のメモリー」。第55回日本レコード大賞にて、作曲賞を受賞しています。


「潮騒のメモリー」は、ドラマ『あまちゃん』の中で重要な役割を果たした歌で、鈴鹿ひろ美役の薬師丸ひろ子さん、天野春子役の小泉今日子さん、主人公・天野アキ役を演じたのんさんと足立ユイ役の橋本愛さんのユニット・潮騒のメモリーズが、それぞれ歌っています。


また、ドラマ『あまちゃん』の主人公である天野アキの母親役を演じた小泉今日子さんが、役の天野春子名義で、2013年7月31日にCDをリリースされました。

それでは早速、潮騒のメモリーズが歌う「潮騒のメモリー」を聴いてみましょう。

「潮騒のメモリー」/潮騒のメモリーズ

なんとなく心にしみる、良い歌ですよね。歌っているのんさんと橋本愛さんもすごく可愛いくて、本物のアイドルのようです。

潮騒のメモリーズが歌う「潮騒のメモリー」に対する世間の反応は?

いい歌で少し音痴なとこがいい

すばらしい。

出典:https://www.youtube.com

YouTubeのコメント欄には、外国からも大絶賛するコメントがたくさん投稿されていました。
すごいですね。

まだまだある!『あまちゃん』の人気歌


ドラマの劇中で披露された、歌唱付の楽曲を集めたコンピレーションアルバムも発売されている『あまちゃん』。

2013年8月28日にリリースされた、あまちゃんファン待望のCDに収録されている歌は?

あまちゃん 歌のアルバム

『あまちゃん 歌のアルバム』収録曲

1,潮騒のメモリー
2,暦の上ではディセンバー
3,地元に帰ろう
4,いつでも夢を
5,南部ダイバー(教室バージョン)
6,潮騒のメモリー(太巻デモバージョン)
7,地元に帰ろう(太巻デモバージョン)
8,いらないバイク買い取るぞう!
9,潮騒のメモリー(お座敷列車バージョン)
10,南部ダイバー(種市高校フルバージョン)

『あまちゃん 歌のアルバム』収録曲

11,暦の上ではディセンバー(オリジナル・カラオケ)
12,地元に帰ろう(オリジナル・カラオケ)
13,いつでも夢を(1964バージョンカラオケ)
14,南部ダイバー(カラオケ)
15,潮騒のメモリー(スナック梨明日カラオケ)

このアルバム構成、企画的にもすごいですね。

それでは、『あまちゃん 歌のアルバム』に収録されている、人気の歌を聴いていきましょう。

暦の上ではディセンバー/アメ横女学園芸能コース

あまちゃんの歌の中で、「潮騒のメモリー」の次に人気が高い「暦の上ではディセンバー」。可愛らしい歌ですね。

南部ダイバー(教室バージョン)/磯野先生&北三陸高校潜水土木科生徒たち

「南部ダイバー」は、岩手県立種市高等学校海洋開発科で歌い継がれる潜水士の愛唱歌。この歌をドラマで聞いて、泣いてしまったという人が多くいました。

どの歌も記憶に残る、いい歌ですね。

次世代に語り継ぎたい『あまちゃん』の歌たち


ドラマ『あまちゃん』の歌は、オープニングテーマから挿入歌まで、本当にいい味を出していますよね。3年という月日が流れた今聴いても、ドラマの余韻に浸れる名曲ばかり。ぜひとも、後世に残していきたい名曲たちです。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ