2015年の紅白トップバッターを務めた大原櫻子さんについて!

最近の紅白歌合戦の紅組トップバッターといえば、浜崎あゆみさんでしたよね。しかし、紅白を卒業したため、2015年は大原櫻子さんがトップバッターを務めました。そこで今回は大原櫻子さんについて調べました。また、大原櫻子さんと同じ紅白初登場の歌手もご紹介します!

大注目の若手女優、大原櫻子さん!

映画『カノジョは嘘を愛しすぎている』で、鮮烈なデビューを果たした大原櫻子さん。
女優として、また、歌手としても大躍進をし続けている大原櫻子さんに迫ります!

紅白にも出場した大原櫻子さんについて

大原櫻子さんは、女優であり類まれな歌声の持ち主です。
昨年、紅白に初出場した大原櫻子さんについてご紹介します!

名前:大原櫻子
生年月日:1996/1/10
年齢:20歳
血液型:A型
身長:158cm
出身地:東京都
職業:女優、歌手

まだ20歳の大原櫻子さん、初めて紅白に出場したときは19歳だったのですね。

父、林田尚親さん

大原櫻子さんのお父さんは、林田尚親さんです。
なんと林田さんは、『ザ!世界仰天ニュース』『人生が変わる1分間の深イイ話』『行列のできる法律相談所』などのバラエティを中心に活躍するナレーターです。

あの優しい穏やかな声の持ち主が、大原櫻子さんのお父さんというのは驚きです。
大原櫻子さんの歌声が素晴らしいのも、遺伝なのかもしれませんね。

小学生の大原櫻子さんは、ミュージカル『アニー』や『ミス・サイゴン』の影響で、歌ってお芝居もできるミュージカルをやりたいと思うようになったそうです。

大原櫻子さんは、小学生の頃からすでに歌うことと、お芝居が大好きだったのですね。

芸能界入りのきっかけ

大原櫻子さんは習い事のダンススクールの発表会に、偶然いたテレビ関係者に現在の事務所を紹介してもらい、芸能界に入ることになったそうです。

紅白出場までのシンデレラストーリー

ここからは大原櫻子さんが、紅白に出場するまでの経緯を簡単にご紹介します。
まさしくシンデレラストーリーと言っていいほど順風満帆ですよ。

2013年の大原櫻子さんの活躍

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』

佐藤健さん主演の映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』ではヒロイン、小枝理子を選ぶオーディションが行われました。
そして5000人もの中から、満場一致で選ばれたのが大原櫻子さんだったのです!

MUSH&Co.『明日も』

大原櫻子さんは、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の劇中に登場するバンドMUSH&Co.名義で歌手デビューもしました。
大原櫻子さんの歌声を聞いて、プロデューサーも監督も大絶賛していたそうです。

2014年の大原櫻子さんの活躍

連続ドラマのヒロイン

その後、2014年にはドラマ『水球ヤンキース』で連続ドラマの初レギュラーとヒロインを務めることになった大原櫻子さん。
可愛い上に透明感がありますよね。

ソロデビュー

2014年11月26日には、「大原櫻子」の名義でソロデビューしました。
デビュー曲は『サンキュー。』です。
MVの大原櫻子さんがとにかく可愛いので必見ですよ!

そして大原櫻子さんは年末に発表された第56回日本レコード大賞新人賞を受賞しました。

2015年の大原櫻子さんの活躍

第93回全国高等学校サッカー選手権 応援歌

セカンドシングルの『瞳』が、第93回全国高等学校サッカー選手権の応援歌に大抜擢されました。

このシングル『瞳』は後に紅白で歌うことになります。

月9に出演

福士蒼汰さん主演の月9『恋仲』で、福士蒼汰さんの妹役を演じた大原櫻子さん。
ぶっきらぼうだけど兄思いの妹を演じました。

第66回紅白歌合戦に初出場決定!

ソロデビューしてから約1年で紅白初出場を決めた大原櫻子さん。
まさしくシンデレラストーリーと言っても過言ではないほど、順調な芸能生活を送っていますよね。

そして2016年に入ってからはセカンドアルバム『V(ビバ)』をリリースしました。
また、現在放送中の月9に謎の美少女として大原櫻子さんが出演中です!

第66回紅白歌合戦に初出場のアーティスト

デビューから1年で紅白初出場というだけでもすごいですが、さらにすごい役目を大原櫻子さんは引き受けたのです!

紅白歌合戦、紅組のトップバッター

紅白に初出場というだけでも緊張すると思いますが、なんと大原櫻子さんは紅組のトップバッターとして『瞳』を歌ったのです。

しかし、紅白初出場とは思えないほど堂々としていました。

『瞳』

こちらが、紅白歌合戦でトップバッターとして歌った曲『瞳』です。
この曲は、大原櫻子さんが昔から好きだった音楽プロデューサーの亀田誠治さんと、大原櫻子さんが共同で制作されました。
そして、初めて大原櫻子さんが作詞をした曲です。

ここからは、大原櫻子さんと同じく、第66回紅白歌合戦に初出場したアーティストをご紹介します!

乃木坂46

今一番勢いのあるアイドルグループ、乃木坂46も、紅白初出場を果たしました。
乃木坂46がまだ紅白に出場していなかったというのは、少々意外でしたよね。

superflyさん

パワフルボイスで聴く者を圧倒する歌手、superflyさんも意外にまだ紅白に出場していなかったので、第66回の紅白が初出場となりました。
紅白では『Beautiful』という楽曲を披露してくれました。

星野源さん

大原櫻子さんと同じく、歌手であり俳優の星野源さんも、紅白初出場を果たしました。
『SUN』という、とても元気になれる曲をNHKホールに響かせていました。

レベッカ

一世を風靡したロックバンド、レベッカも活動休止を経て紅白歌合戦に初出場しました。
もちろん披露した曲はレベッカの代表曲『フレンズ』です。

BUMP OF CHICKEN

超人気ロックバンド、BUMP OF CHICKEといえば、過去に何度か紅白出場を噂されていましたが、実現してきませんでした。
しかし、第66回の紅白で初出場が実現したのです!
カウントダウンフェスの会場から中継での出演となりましたが、BUMPファンには堪らないステージとなったのではないでしょうか。

他にも、『ラブライブ』から派生したユニット「ミューズ」や、三山ひろしさんに山内恵介さん、ゲスの極み乙女も紅白に初出場しました。

大原櫻子さんについてご紹介しました

いかがでしたか?
大原櫻子さんのシンデレラストーリーと、紅白初出場のアーティストをご紹介しました。

大原櫻子さんは、女優としても歌手としてもまだまだ成長過程なので、本当に今後が楽しみですね!

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ